2019/09/13 【FF14 蒼天3.0-メインクエスト】04.千年の裏切り を更新しました。

NPC | バヌバヌ族

FF14のNPC バヌバヌ族


エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。当ページでは、NPC バヌバヌ族 の概要や、登場クエストの一覧などが参照可能です。

種族紹介

アバラシア雲海に点在する浮島に住む先住民。当初は平和裏に人と交流していたが、最近敵対傾向にある。

大きな胴体と鳥のようなくちばしを持ち、羽毛も生えているが、彼ら自身が飛ぶことはできない。

共通の先祖を有する血縁集団「氏族」ごとに「長老」の指導で生活している。

信奉する蛮神 雲神ビスマルク

白く、巨大な鯨のような見た目をしている。

バヌバヌ族の神話では、祖先を浮島に導いた神とされていたのだが、召喚された蛮神は浮島をも食らう荒々しい姿であった。

テンパード ブンド族

「冷酷なるブンド」族。青いのが特徴。
なお、同様に青く、蛮族デイリークエストで登場ズル「鮮やかなグンド」族はもともと別氏族であったが、ブンド族に破れたことで併合され、色も統一された。

最近人間に敵対的な行動を取り始めた氏族。

主要な登場NPC

冷酷なるブンド族

ホヌバヌ(冷酷なるブンド族 長老)

Note

蛮神ビスマルクを召喚した氏族の長老。立派な仮面をかぶっている。

Encyclopaedia Eorzea

記載なし

登場クエスト
STORY | 1.メインクエスト3.0-蒼天【01.イシュガルドへ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。