2020/04/08 メインクエスト3.3-蒼天【04.最期の咆哮】を更新しました。

STORY | 2.メインクエスト3.0-蒼天【20.翼、広げて】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • アラグの遺産
  • 誘導を信じて
  • キメラの棲む島
  • 青き鎧の猛者
  • 翼、広げて

あらすじの要約

魔大陸「アジス・ラー」に到着した。誘導システムに導かれ、トールダン達が居ると思われる魔科学研究所を目指す。
道中、シヴァとの戦いで損傷した帝国軍の飛空艇が係留されているポイントを通過。その際、敵の軍団長レグラ・ヴァン・ヒュドルスに見つかってしまう。大軍に囲まれた一行は主人公のみを先へ進ませた。
一人になった主人公は、ドラゴン族制御実験区画に到着する。そこでは七大天竜が一翼、ティアマットが自らを罰し続けていた。かつて最愛のバハムートを蛮神にしてしまった自責の念を持ち続けるティアマットは、蛮神問題を解決するためにはアシエンを倒すしかないと言う。その言葉を聞いた主人公は光のクリスタルの輝きを全て取り戻す。
ミドガルズオルムは「竜の爪」の試練を乗り越えた主人公を認め、その背に乗せる。いよいよ魔科学研究所に到着する。

ストーリーのあらすじ

「アラグの遺産」

大きな犠牲を伴いながらも、暁の一行はついに魔大陸への上陸を果たしました。

アルフィノ:

イゼル……。これから、本当の仲間になれればと……。

ともに旅する中で、彼女の純粋さに、私は共感していたんだ。いつか、「暁」の一員に……そう願ってさえいたのに……。

エスティニアン:

氷女……いけ好かない奴だと思っていたが、最期の覚悟は見事だった……。

ヤ・シュトラ:

因果なものね……。まるで、「超える力」を持ったばかりに、運命に翻弄されているかのよう。

シド:

アグリウス級に、後ろに張り付かれたときは、どうなるかと思ったが……。ともかく、無事に「魔大陸」に立つことができたわけだ。犠牲になってくれた「氷の巫女」のためにも、教皇とアシエンの野望を阻止せんとな。

ビッグス:

帝国のアグリウス級を相手に、 たったひとりで立ち向かうなんて……

ウェッジ:

チビってないッス。ぜったいチビってないッス!

イゼルが現れたのは、おそらく聖竜フレースヴェルグが竜の眼を通じて暁の危機を察知し、それを彼女に伝え、導いたからでしょう。
聖竜と氷の巫女イゼル――ただ自らの神に暖かい場所を欲した少女は、最期に和解・協力することが出来たのです。

しかしここは最終決戦の地、魔大陸。悲しみに暮れている暇はありません。主人公達を信じ、命を賭して道を切り拓いてくれたイゼルのためにも、先へ進みます。

一行が到着したのは、古代の飛空艇発着場と思われる場所です。

シドは、これだけの規模の施設ならば中枢と繋がる情報端末があるはずだと踏んで周囲を捜索。多くの機械の残骸や、停止している端末が並ぶ中、一人奥まで探索に向かったウェッジが、稼働状態にある機械を発見します。

それは自ら「誘導システム」と名乗りました。ライセンス条項に(ロクに読みもせず)同意し、ユーザー登録が完了。すると、誘導システムは魔大陸――人口浮遊大陸アジス・ラーのガイドをしてくれるといいます。

まずは誘導システムを連れ、停止していた操作端末を稼働させます。

シドの読み通り、それは中枢につながる情報端末でした。それによって以下のことが判明しました。

  • アジス・ラーは、トールダンが魔大陸の鍵を使った影響で現在再稼働フェーズを実行中。
  • 旗艦島である「魔科学研究所」及び「博物戦艦」に不法侵入者。おそらく鍵を持たない帝国兵達。
  • 現在最もエネルギーを消費している場所は「魔科学研究所」内部の「三闘神制御区」。
  • 「三闘神」のことは最重要軍事機密であり、詳細不明。

トールダン達の目的は定かでないものの、蛮神制御の術を得ることが目的であるならば、最もエネルギー消費量の多い「魔科学研究所」にいると推察。主人公達は行き先を定めます。
誘導システムにその旨伝えると、魔科学研究所までの道のりを案内するプログラムが起動しました。

シド達に空戦で傷ついたエンタープライズ号の修理を任せ、主人公とヤ・シュトラ、エスティニアン、アルフィノは誘導システムについていくこととなりました。

誘導システム:

なお、本誘導に従わず、立入禁止区域に侵入した場合、防衛システムによる排除行動が行われる可能性がありマス。

これに伴う損害は、免責事項となりますのでご注意くだサイ。

シド:

どうやら使えそうな玉っころじゃないか。いい拾い物をしたもんだ。

ビッグス:

そういえば昔、ウェッジが犬を飼いたいと 駄々をこねた事があったな……。ウェッジめ、愛犬を見送る気分でいるらしいな……。

ウェッジ:

やればできる子ッス! 誘導システムのこと、大事にしてやってほしいッス。

ヤ・シュトラ:

「闘神」と言えば、黒衣森を彷徨う古の蛮神、オーディンを思い出すわね……。情報が不足している以上、 誘導システムを頼りに進むしかないわね。

アルフィノ:

「三闘神」……嫌な予感がするな……。

エスティニアン:

なんだ、この妙な玉っころは……。悪いが、俺は機械には疎いんでな……。あの玉っころに、ついて行けばいいのか……? 案内は任せるぜ……。

「誘導を信じて」

本項は、以下クエストのエッセンスを抽出し、まとめたものです。

  • 「誘導を信じて」
  • 「キメラの棲む島」

アルファ管区

アジス・ラーはいくつかの浮遊大陸から構成されており、それぞれの島を結ぶ橋はありません。しかし誘導システムによれば、転送装置によって各島を移動することが出来るようです。

導かれるがまま、転送装置を起動すると……

一行は次の島「ベータ管区」へと転送されました。

誘導システム:

ピピ……転送装置の正常作動を確認……。おめでとうございマス。

整備記録によると、過去5014年間に渡り、定期メンテナンスが行われていなかったもヨウ。正常作動したことは、驚くべき結果といえまショウ!

アルフィノ:

エーテライトと似た技術なのだろうが、第三星暦という、はるか昔の装置が未だに動くとはね。

ヤ・シュトラ:

嫌な感じね……。防衛兵器ではない、生物の視線を感じるわ。主人公、気をつけて。

エスティニアン:

おい、本当にこの玉っころは信用できるのか?

ベータ管区

ベータ管区には、多くのキメラ培養施設が設置されていました。かつてのアラグ帝国では、キメラ生物が軍民問わず多く利用されていたため、その実験施設だったようです。

現在の同管区は多数のキメラ生物が逃走し、非常に危険な状態となっていました。

主人公達は、キメラ生物のせいで転送装置にエネルギーが供給されていないという「ちょっとした手違い」に遭遇。原因となっていたキメラ生物達を手分けして排除しました。

アルフィノ:

キメラ生物との戦いで、ちょっとしたコツを掴んだ気がするよ。新しい魔法生物の召喚法に関してだがね。

ヤ・シュトラ:

生物を掛け合わせて、人工的に新種の生物を創るなんて……。神の領域に、土足で踏み込んでいるような気がして、好きになれないわね……。

アルフィノ様も、ずいぶんと腕を上げたわ。 早いところ、教皇たちに追いつきたいところね。

エスティニアン:

この玉っころ、腹が立って仕方がないんだが……。

……どうにも、俺はコイツを信用できん。

その後無事に起動した転送装置を用いて、次の島「ガンマ管区」へと移動します。

「青き鎧の猛者」

ガンマ管区

到着したガンマ管区には、イゼルとの戦いで損傷した帝国軍の飛空艇が係留されていました。
飛空艇に乗っていたのはレグラ・ヴァン・ヒュドルス軍団長の率いる第VI軍団。ヴァリス皇帝の信頼が厚い軍団です。

多くの帝国兵が集まっている様子を物陰から伺うと、そこではレグラ軍団長による演説が行われていました。

レグラ・ヴァン・ヒュドルス:

艦内でも説明したとおり、これより、我々は魔大陸中枢に向かう。

第III歩兵中隊は、艦の護衛のため、この場に残れ。第II歩兵中隊は散開し、アラグの防衛兵器を排除せよ。

第I歩兵中隊は、我に続き、「魔科学研究所」の制圧を目指す。

いいか、パラメキア諜報機関からの報告によると、この「魔大陸」には、蛮神を生きたまま捕らえる、アラグの秘術が眠っているという。

星を蝕む病魔は、蛮族どもの願いで何度でも蘇る。だが、封じてしまえば、それも叶わぬこととなるだろう。その意義の大きさを肝に銘じておけ。

これは本国に帰還された皇帝陛下に、我ら第VI軍団の実力を示す、またとない好機でもある!

皇帝陛下は、敗北をお許しにならぬ御方……己が手で、必ずや陛下の重畳を賜るのだッ!!

既に幾度か話には出ていましたが、魔大陸に眠る「蛮神を封じる技術」こそ、蛮神問題解決を国是とする帝国軍の狙いです。

確かに封じてしまえば再召喚を防ぐことは可能かもしれません。しかしながら、封じられた蛮神は負の感情を膨らませ続けることとなり、蘇った際の絶望は果てしないものとなります。

第七霊災の原因たるバハムートがまさにそうでした。
「封印」は、決して蛮神問題の解決策にはなり得ないのです。

とはいえ、三つ巴状態の今直近の問題はトールダン達。

主人公達は帝国軍のことを後回しに、先を急ぐことにします……。

誘導システム:

ピピ……現在、ここ「ガンマ管区」に、侵入者の存在を確認……。ライセンス条項にもあるとおり、侵入者との遭遇に伴う損害は、保証対象外となりますのでご注意くだサイ。

それでは、次の転送装置に移動しまショウ。

「デルタ管区」には、当視察の目玉がございますので、生存状態を維持することをオススメいたしマス。侵入者は大部隊であることが予想されマス。遭遇に気を付け、慎重にお進みくだサイ。

レグラ・ヴァン・ヒュドルス

慎重に歩を進め、転送装置まであと一歩というところでした。

帝国軍に見つかってしまった主人公達。
さらに悪いことに、帝国第VI軍団長レグラ・ヴァン・ヒュドルス自らに行く手を阻まれてしまいます。

主人公達はこれと対峙。
辛うじて退けるも彼の目的は時間稼ぎにあったようで、気付けば大軍団に囲まれてしまっていました。

飛空艇で飛び去るレグラを見送るしかない主人公。
目の前の帝国兵との戦いを覚悟を決める主人公でしたが……アルフィノ達は主人公だけでも先に行けと言います。

エスティニアンから「お守り代わりに」と竜の眼を受け取った主人公は、トールダンを止めるため一人先に進むのでした。

「翼、広げて」

デルタ管区

誘導システム:

ピピ……さあ、視察の目玉。「デルタ管区」……ドラゴン族制御実験区画デス。

南方大陸「メラシディア」で捕らえた活きの良いドラゴン族が、今日も元気に、飛び回っておりマス。アラグ帝国軍万歳! アラグ帝国軍万歳!

デルタ管区は、どうやらドラゴン族が捕らえられているようです。送り出してくれた暁の皆のためにも急ぎ魔科学研究所へ向かいたいのですが……

誘導システム:

ピピ……残念な情報が入ってまいりまシタ。旗艦島に通じる転送装置が、破壊されているようデス。

記録を参照したところ、2369年前の拘束具の故障に伴い、制御下から離れたドラゴン族の仕業と判明……。まことに申し訳ございませんが、 各自、自己責任にて移動手段を確保し、「魔科学研究所」前まで、お越しくだサイ。

無茶な誘導に途方に暮れる主人公。
その時、ミドガルズオルムが具現化します。

ミドガルズオルム:

聞け、竜たちの嘆きを……。

5000年の昔、増長せしヒトどもが築いた巨大帝国は、我が子らが棲まう南方大陸を侵略した。奴らもまた、古のイシュガルド人同様、竜の強大な力に怖れを抱きつつ、その力を欲した。

そして、奇妙な機械仕掛けの首輪を創り、支配を試みたのだ。

結果、どのような悲劇が起こったのか……この地で未だに嘆きの時を過ごす、我が子に会うがいい。竜とヒトとの争いが、いかに神と交わるのかを知り、考えるのだ。

ミドガルズオルムは主人公を「とある場所」まで案内します。

そこには、七大天竜の一翼「ティアマット」が捕らえられていたのでした。

黄昏に消えゆく竜 ティアマット

我が名はティアマット、黄昏に消えゆく竜……。
始原の時、生まれたばかりのこの星に、我が父、ミドガルズオルムが降り立った。七の卵を携えてな。

そして、成長した子ら…… 後に、「七大天竜」と呼ばれる者たちは、ハイデリン各地の大陸へと飛び立ったのだ。

我と愛しき同胞であったバハムートは、南方大陸メラシディアに渡り、多くの子を成した。だが、五千年の昔……人の軍勢、すなわちアラグの民が南方を侵略。

我らが子を焼き、遂にはバハムートをも殺したのだ……。

我を深い悲しみと絶望が包んだその時であった……。漆黒の衣をまとった者、アシエンが現れたのは。

我は奴らと密約し、バハムートの復活を願った……だが、呼び降ろされたそれは、紛い物だったのだ。

アシエンどもはアラグの民にも知恵を授け、バハムートは、永劫の檻に捕えられた。

よいか、人の子よ。神とは想像力の産物…… 願いの力が、星の命を用いて作り出す虚像。

そして、この地にはアラグに抗わんとして、降ろされた多数の神が封じられている。……これを解き放ってはならぬ。
争いの禍根を絶つならば、神にすがる弱き者と、その眼を曇らせるアシエンどもを倒すのだ。

翼、広げて

自責の念から、文字通りの自縄自縛を続けるティアマット。

親心でしょうか、ミドガルズオルムは自らの子に「未だに自分を許せぬのか」と問いかるのですが……

ティアマット:

ここは、死すら叶わぬ時の牢獄……。しかし、我はここを出ることを望まぬ。時の果てる、その日まで。

一時の感情に呑まれ、神降ろしに手を染め…… バハムートの魂をねじ曲げ、穢してしまった己への罰……。……そう、これは贖罪なのだ。

ティアマットの話の後、主人公の光のクリスタルは輝き

いよいよすべての光の加護を取り戻しました。

ミドガルズオルム

我が「爪」のすべてを打ち砕き、再び、光の加護を取り戻したか……。生まれ落ちてより、今日この日に至るまで、我は、お主ほど、心強き者を知らぬ。

ハイデリンの使徒よ……今のお主であれば、我が背に乗るに相応しい。生まれし日に、母なるハイデリンと誓った盟約に従い……今こそ我が翼を、お主に授けようぞ!

そう言うとミドガルズオルムはその姿を変じ――

主人公を背に乗せ、翼を広げてはばたきます。

遂に最終区画へ。トールダン達が待つ「魔科学研究所」へ向かいます。

登場NPC

FF14のNPC シド・ガーロンドNPC | シド・ガーロンド(3.X)FF14のNPC ビッグスNPC | ビッグスFF14のNPC アルフィノ・ルヴェユールNPC | アルフィノ・ルヴェユール(3.X)FF14のNPC エスティニアン・ウィルムブラッドNPC | エスティニアン・ウィルムブラッド(2.X~3.X)FF14のNPC ヤ・シュトラ・ルルNPC | ヤ・シュトラ・ルル(3.X)FF14のNPC レグラ・ヴァン・ヒュドルスNPC | レグラ・ヴァン・ヒュドルスFF14のNPC ミドガルズオルムNPC | ミドガルズオルムNPC | ティアマット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。