2020/07/14 クロニクルクエスト-アレキサンダー【02.起動編 彼女のたからもの】を更新しました。

STORY | 3.ジョブ・ロール-竜騎士レベル60【槍に誓う使命】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 槍が繋ぐ命
  • 血塗られた使命と宿命
  • 槍に誓う使命

あらすじの要約

竜騎士のレベル56~60までのジョブクエスト。
飛槍「ペレグリン」の目撃情報から、ウスティエヌの救出に成功するのだが……彼女は助けを断り、死んだことにしてほしいという。主人公は神殿騎士団に報告をするのだが、彼女の父モントルガン、そしてアルベリクを騙すことはできなかった。
真意を確かめるため、槍を奪った者を追い、ウスティエヌと再開。彼女は異端者により、イシュガルドの禁忌「竜の血」を飲まされていたのだ。竜の血を飲んだものは、竜の力を得る一方で心を奪われ、気を抜けば竜に変容してしまう。
しかし誇りを失っていないウスティエヌは、使命を果たすため血竜グラウリーを追う。主人公もまた、彼女の助けとなるために槍を取った。
遂にグラウリーの討伐に成功。竜の血にとらわれているウスティエヌはまだ帰ることはできないが、モントルガンに激励され、いつか血の誘惑を克服することを心に誓う。

ストーリーのあらすじ

レベル56「槍が繋ぐ命」

救出

血竜「グラウリー」に槍を突き立てるも、そのまま行方不明となってしまったウスティエヌの捜索は難航しています。というのも、近頃異端者勢力までもが活性化しており、神殿騎士団から捜索に回せる人手が減っているのです。

そんな状況ではありましたが――異端者勢力の中に、ウスティエヌが義父モントルガンから受け取った飛槍「ペレグリン」を持つ者がいたという情報が入りました。
これが真実ならば、槍の持ち主が彼女の行方を知っているかもしれません。

問題の一味はスウィフトラン川を南に逃走中とのことで、主人公も追撃を開始。


異端者達のアジトへ到着した主人公は、捕えられていたウスティエヌの救出に成功しました。

グラウリーに槍を突き立てたウスティエヌ。直後、グラウリーがはるか上空に飛び上がってしまったため降りるに降りられず、槍にしがみつくことで難を逃れます。
しかし……グラウリーが降り立ったのは異端者のアジト。
そこで囚われ、槍も奪われてしまったのでした。

現在、槍を持っている異端者の頭領は別の異端者集団との会合のために出払っています。新たな異端者の動きがありそうです。

急ぎ報告するため――そしてウスティエヌの無事を知らせるためにも、神殿騎士団へ共に戻ろうという主人公に対し、ウスティエヌはなぜか首を縦に振りませんでした。

ウスティエヌ:

私が伝えた情報は、打ち倒した異端者が、死に際に白状したことにし、私は死んだと報告してくれ……。恩ある君に嘘をつかせることになり、申し訳なく思っている。

……だが、私が槍に誓った心は、いまだ折れてはいない!

少しでも私を信じてくれるなら、どうか秘密を守ってほしい。

父は心を痛めるだろうが……こうするしかないのだ……!

苦しむ素振りを見せるウスティエヌ。
心配する主人公をよそに、しかしその決意は固く……彼女は一人去っていきました。

疑問

逡巡する主人公でしたが、神殿騎士団本部に戻ると彼女の望み通りに「ウスティエヌは死んだ」と報告。その後、モントルガンとアルベリクにも同様の報告をしました。

しかし……不慣れな嘘故か、それとも娘を案じる親の力か。
モントルガンに、すぐにそれが嘘であることを見抜かれてしまいました。

主人公は真実を伝えます。
そのあまりに不可解な行動に動揺するモントルガン。
気丈にふるまってはいますが、動揺は隠しきれていません。

ウスティエヌの目的は、血竜「グラウリー」の討伐と奪われた「ペレグリン」の奪還であることは間違いない。しかし、竜騎士団に戻らない理由が分からない。

その真意を、一刻も早く確かめなければなりません。

レベル58「血塗られた使命と宿命」

竜人のマテオニアン

飛槍「ペレグリン」を奪った異端者が判明しました。
名はマテオニアン。竜と化す力を持つ異端者たちを率いており、「竜人のマテオニアン」とも呼ばれる悪党です。

血竜と主従関係を結ぶことで、竜の血を多用し、神殿騎士団との戦いを優位に進めているという彼等の一味は、高地ドラヴァニアのチョコボの森に潜伏中であるといいます。
単独行動中のウスティエヌが飛槍「ペレグリン」を奪い返す機会を狙っているのだとしたら、そこで再び会えるかもしれません。
主人公とアルベリクは情報収集のため、テイルフェザーに向かいます。

テイルフェザーでは、最近不審な商人が頻繁に訪れるようになったといいます。
マテオアニンの一味が物資調達をしているのだと推測した主人公は、挙動不審な商人を発見しこれを討伐。なにやら奇妙な紙片をみつけました。

アルベリクによれば、紙片に使われている文字は異端者が好む暗号なのだとか。それを解読すると、テイルフェザーの南東が指し示されていました。合流地点なのでしょうか。

ふたりは指し示されている地点へと向かうのですが……

そこでは、ウスティエヌがマテオニアン含め異端者達を始末したあとでした。

竜の血

飛槍「ペレグリン」を取り戻したウスティエヌに、アルベリクは竜騎士団に戻るよう説得します。

しかし……彼女は頑なにこれを断るのです。

何故なのかと問い詰めるアルベリク。
ウスティエヌは遂に、その真意を語り始めます。

ウスティエヌ:

竜騎士たる己の槍にかけた誇りも誓いも、片時も忘れたことなどない……。だが、私は……戻りたくても、戻れぬのだ!

ここでくたばっている、忌々しい下衆によって、私は……!!

「竜の血」を無理やり飲まされた!!

……ああ、竜化したとも!
そんな竜騎士が、皇都の騎士団に戻れるわけがない!

異端者とみなされ、投獄されるのがオチだ。私だけならば、たとえ冤罪であっても甘んじて受け入れよう!

だが、私が囚われれば、父にまで嫌疑が及ぶ可能性がある。これだけは、なんとしても避けたい!

ドラゴン族との戦いを続けるイシュガルドにおいて、竜の血は禁忌。

望む望まないにかかわらず、その血を身に宿す者は異端者とされ……極刑は免れず、本人のみならず家もまた窮地に立たされかねません。

孤児でありながら愛情を注いでくれたモントルガンに強く感謝しているウスティエヌは、だからこそ義父に嫌疑がかかることを恐れ、イシュガルドに帰ることを固辞していたのです。

今も彼女は、竜の血を求める身体の疼きに苦しめられています。
しかし……それでも彼女は、折れていませんでした。

苦難を乗り越え、竜騎士団に属さずとも竜騎士の使命を全うするのだと決意を新たに、彼女は再度主人公達に背を向けます。

主人公もアルベリクも、そんな彼女を止める言葉を持たず……ただ見送ることしかできませんでした。

レベル60「槍に誓う使命」

竜の血と竜の眼

イシュガルドにおいて禁忌とされている竜の血は、呷ることで強大な竜の力を得ることが出来ます。先において、ウスティエヌが飛槍「ペレグリン」を持つ「竜人のマテオニアン」を難なく排除できたのはその一端といえるでしょう。

何より……竜騎士団の筆頭たる「蒼の竜騎士」は、イシュガルドに伝わる秘宝「竜の眼」から竜の力を引き出して戦う者。血を呷るか、眼から力を引き出すか……その違いこそあれ、どちらも竜の力を利用して戦うことに変わりはないのです。

であれば、もしウスティエヌが竜の血の力を引き出すことが出来れば、血竜「グラウリー」の討伐も可能かもしれません。

懸念は、血と眼の違いです。

肉体そのものが竜と化す血の力は、眼以上に心身を蝕む傾向があるように見受けられるのですが……今は、ウスティエヌの心の強さを信じるしかありません。

折よく、占星台が血竜「グラウリー」の動きを掴みました。

死んだことになっているウスティエヌが他の竜騎士団員に見られないよう、アルベリクは出撃を止めるため先に神殿騎士団本部へ立ち寄ることに。主人公はウスティエヌの責務の手助けをすべく、飛来予想地点であるクルザス西部高地の臥竜島に向かうのでした。

血竜グラウリー

臥竜島付近で発見された戦いの痕跡を辿ると……
そこには血竜「グラウリー」、そして対峙するウスティエヌの姿がありました。

ウスティエヌ:

……加勢してくれるというのだな。「蒼の竜騎士」とともに、宿敵と対峙できるとは、これほど光栄で心強いことはない!

竜の血を求める疼きは、日増しに強まっている……。だが、竜に魅入られてなるものか……!

血竜に蹂躙された者たちの苦痛を思い、耐えてみせる……!!

父に命拾われて竜騎士となり、父祖の槍を受け取りながらも、果たせずに来た、血竜討伐の大任……。

今こそ、成し遂げる!我が父祖の飛槍「ペレグリン」に誓って!

竜の血の誘惑に負けず、遂に責務を果たしたウスティエヌ。

喜びに打ち震える彼女に声をかけたのは、他ならぬ父、モントルガンでした。

竜の力を追い求め、蒼の竜騎士を目指した彼女は……皮肉にも竜の血を飲むことでその力を得ました。

しかし、その力はイシュガルドにおいて禁忌。
家に嫌疑がかかることを恐れるウスティエヌは、屋敷に戻ることを断ります。

未だ竜の血を求める渇望と戦う彼女にとって、義父モントルガンに迷惑をかけてしまうことは恐怖でしかないのです。

しかし。

そんな彼女に檄を飛ばすモントルガン。
血のつながりはない父娘は――血よりも固い絆で結ばれています。

未だ帰れぬ身なれど……新たな誓いを胸に、ウスティエヌは旅立っていったのでした。

登場NPC

FF14のNPC アルベリク・ベイルNPC | アルベリク・ベイルNPC | ウスティエヌ・ド・ヴィマロワNPC | モントルガン・ド・ヴィマロワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。