2019/09/19 【FF14 蒼天3.0-メインクエスト】05.武神降臨 を更新しました。

STORY | 2.クロニクル-大迷宮バハムート【00.プロローグ 旧FF14 カルテノー平原の戦い】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 旧FF14 概要
  • 新生エオルゼア オープニング

ストーリーのあらすじ

プロローグ

エオルゼア。惑星ハイデリンに存在する文化圏。

豊富なエーテルから神々に愛されし地とも呼ばれるここは5年前、大規模な霊災に見舞われました。

事の発端は、ガレマール帝国によるエオルゼア侵攻です。

既にエオルゼア北東部に位置するアラミゴ国は落ち、エオルゼア全土掌握も時間の問題と思われていました。

新生エオルゼアの物語において敵として君臨したガイウスは、それよりも以前飛空戦艦アグリウスを駆り、侵攻したことがある。そのときは幻龍ミドガルズオルムがこれを迎撃。
ミドガルズオルムの死骸は、今なおアグリウスの残骸とともにモードゥナの銀目湖に残っている。

他方、エオルゼア三国は「エオルゼアの救済」を謳うルイゾワ率いる「救世同盟」働きかけによって、グランドカンパニーを設立。帝国の侵攻に対抗します。

以前のガイウスによるエオルゼア侵攻から数年。

新たにエオルゼア侵攻を担うは、帝国軍第VII軍団を率いるネール・ヴァン・ダーナス。

しかしてその真なる目的は、エオルゼアの支配などではありませんでした……。

メテオ計劃

かつて、空に浮かぶ月自体にも衛星がありました。

月の惑星、ダラガブ。

月神「メネフィナ」を守る番犬として伝承に語り継がれてきたそれは、実は第三西暦時代――つまりアラグ文明の時代、人工的に打ち上げられた人工物なのです。

クリントータ:

(ダラガブの遺物を指して)これは貴重な標本だよ!
もっと詳しく調べてみないと解らないことも多いけど、構成素材ひとつ取っても、実に興味深い!

見てごらん、この遺物の素材は、周辺のアラグ帝国の遺跡で発見されたものとそっくりだ。
ダラガブとはアラグ文明が創りだした人工天体……そういう学説もあるんだけど、これは重要な証拠になるね。

クリスタルタワーにダラガブ……そんな物を創りだしてしまう超文明が存在していたなんて、本当に挑みがいのある謎だよ!

サブクエスト「悪鬼と月の衛星」

これを落とし、エオルゼア地方の壊滅を目的としたのがメテオ計劃です。

メテオ計劃の最初の発案者は、シド・ガーロンドの父ミドであった。しかし彼はダラガブと通信するための実証実験に失敗。
ダラガブから降り注いだエネルギーの爆発に巻き込まれ、命を落としてしまう。

エオルゼア地方には、蛮神問題が存在しています。

蛮神は、召喚される度にエーテルを大量に消費してしまいます。エーテルとは星の命であり、それを無尽蔵に食らいつくす蛮神はハイデリンそのものを滅ぼしかねません。

しからば、エオルゼアなど無いほうが良いというのが帝国の言い分なのです。

メテオ計劃はその後しばらく凍結されていたが、ネール・ヴァン・ダーナスが再始動させた。

当時の冒険者は、帝国軍を率いるネール・ヴァン・ダーナスを一騎打ちにて撃破するも、動き始めたダラガブが止まることはありませんでした……。

カルテノー平原の戦い

救世同盟の盟主であったルイゾワ・ルヴェユールは、ダラガブをとめるためにエオルゼア十二神を「神降ろし」することを画策。そのため、ダラガブ落着が予想されているカルテノー平原へ兵力をあつめていました。

他方、ネールという将を失ったはずの帝国軍も同様に、メテオ計劃完遂のためカルテノー平原へと集結していました。

かくして、カルテノー平原にて帝国軍とエオルゼアのグランドカンパニーは対峙。

全面戦争の火蓋が切って落とされたのです。

多くの帝国兵を前に、一騎当千の活躍を見せる冒険者。

しかし圧倒的な練度や強力な魔導アーマーで攻め込む帝国に対して大勢に無勢であり、徐々に押し込まれていきます。

見上げれば既に空はダラガブで覆われ、目前に迫っていました――

次の瞬間、突如ダラガブに亀裂が入ります。

まるで卵の殻が割れるかのように

ダラガブから放たれた「拘束具」が、エオルゼアに多数突き刺さった。

中からバハムートが現れたのです。

暴れまわり、破壊の限りを尽くすバハムート。

その圧倒的な力に、グランドカンパニーも、帝国軍も、そして冒険者たちもなすすべがありません。絶望的な光景に呆然と立ちすくむ彼等でしたが

ルイゾワは諦めていませんでした。エオルゼア十二神の「神降ろし」が成ったのです。

彼はその力で、生まれ出たバハムートを再度封印しようと試みます。

それは成功したかのように見えたのですが――

ルイゾワの持つ杖トゥプシマティはこの時微塵となる。それは今、暁の血盟本部に飾られている。

バハムートの力は強大で、魔法陣は消滅してしまいました。

封印が失敗し、滅びの運命は避けられないかと思われたエオルゼアでしたが、その時不意に世界が光に包まれました――

その時、何が起こったかを知るものは居ません。

気が付けばエオルゼアは続いていて、バハムートは消え去り、その時のことを思い出そうとすれば光に包まれるが如く何も思い出せないのです。

更に不可解なことに、この恐るべき破壊が起こった直後、不可解な再生現象が発生。自然は驚異的に回復を遂げたのです。ルイゾワが「神降ろし」によって蛮神バハムートを退けた後、エオルゼア十二神のちからで再生の奇跡を起こしたのではないかとされているのですが……。

後の世に第七霊災と呼ばれるそれは、こうして幕を閉じたのでした。

“真実を求めて”

時は流れ、現在。

エオルゼアに襲い掛かった新たなる危機、ガレマール帝国軍第XIV軍団による侵攻、そしてアルテマウェポンの脅威は、光の戦士たる主人公によって退けられました。

そして今、新たなるクエストが幕を開けます。

かつてカルテノー平原で何が起こったのか。

ルイゾワはどうなってしまったのか。

世界は何故再生できたのか。

ルイゾワの孫娘であるアリゼー・ルヴェユールとともに、第七霊災の真実に迫ります。

登場NPC

FF14のNPC ミドガルズオルムNPC | ミドガルズオルムFF14のNPC ルイゾワ・ルヴェユールNPC | ルイゾワ・ルヴェユールFF14のNPC ガイウス・ヴァン・バエサルNPC | ガイウス・ヴァン・バエサルFF14のNPC ネール・ヴァン・ダーナスNPC | ネール・ヴァン・ダーナス(ユーラ・ダーナス)FF14のNPC シド・ガーロンドNPC | シド・ガーロンドFF14のNPC ヤ・シュトラ・ルルNPC | ヤ・シュトラ・ルル(2.X)FF14のNPC サンクレッド・ウォータースNPC | サンクレッド・ウォータース(2.X)FF14のNPC イダ・ヘクストNPC | イダ・ヘクストFF14のNPC パパリモ・トトリモNPC | パパリモ・トトリモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。