2020/10/20 メインクエスト4.0-紅蓮【12.豪神スサノオ】を更新しました。

STORY | 2.クロニクル-シャドウ・オブ・マハ【03.影の国ダン・スカー】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 影の国ダン・スカー
  • ひとつの冒険の終わり

あらすじの要約

ラドリアから受け取った古文書を解読することで、「要」の真の力を発揮する方法が判明した。そればかりでなく、ディアボロス達が潜むと思われる場所も明らかになった。いよいよ突入しようという時、ディアボロスがアジトを急襲。レオファードは大怪我を負ってしまう。
絶体絶命の中、彼等を救ったのはラドリアが再結成した大鷲連合だった。ディアボロスは逃走。怪我を負ったレオファードを除き、大鷲連合の用意した飛空艇で妖異達の隠れ家、影の国ダン・スカーへ向かう。
ダン・スカーでは既に復活してしまっていた女王スカアハを討伐。ディアボロスの目論見が崩れたかと思われたが、ディアボロスはスカアハを吸収してしまった。それこそが目的だったのだ。しかし、それでも主人公はなんとか退ける。
力をほぼ失ったディアボロスであったが、一瞬の隙をついて要を奪い取る。このまま逃がして回復されてしまえば次倒せると限らないが、満身創痍の主人公達は動けない。そんな中、アジトで待っていたはずのレオファードが愛機レミーユ号で決死の攻撃。生まれた隙を逃さず、ケット・シーは「要」の真の力を開放。遂にディアボロスを消滅させることに成功した。
多くを失ったが、空の自由は守られた。レオフォードはケット・シーと主人公に仲間の証「赤いスカーフ」を授ける。こうしてひとつの冒険が終わった。

ストーリーのあらすじ

「影の国ダン・スカー」 Part.1

黒幕

ラドリアから提供されたマハの古文書を紐解き、ケット・シーは「要」の力を開放する方法を発見しました。それに加えて……重要なことも明らかになります。

魔大戦の折にディアボロスを召喚したのは、大魔道士クェーサル――魔大戦に反対して幽閉された、ケット・シーの主人その人だったのです。

大魔導士クェーサルは、ディアボロスを「抑止力」として使うことを条件として召喚に協力するも、マハはその条件を無視してアムダプールへの攻撃に投入します。
クェーサルはこれに抗議した結果、国賊として幽閉されてしまったのです。

ケット・シー

そうして、「邪魔者」を幽閉したマハの魔道士どもは、ディアボロスから、多くの邪な知識を得た。女王スカアハの召喚方法や、「棺」による妖異の制御なども、ディアボロスから得た、異界の秘術だったようだ……。

マハの連中は、それだけの所業を行いながら、大洪水を予見するや、すぐさまクェーサル様にすがりつきおった。民を助けるため、どうか魔航船を制御してほしい、とな……。

だが、お主らも知っての通り、魔航船は、女王スカアハの暴走により妖異の巣窟と化した……。ディアボロスが授けた制御方法に、偽りがあったに違いない。

……唯一の救いは、ディアボロスが、アムダプールの白魔道士たちに封印されたことだろう。奴と女王スカアハが合流するのを防げたのだから。

戦いに反対するも、言いくるめられ利用されたクェーサル。
1500年もの長きにわたり、機会を伺い続けていた全ての黒幕ディアボロス。

ラドリアから受け取った古文書から、多くのことが明らかになりました。
もしも主人が今も生きていたら、きっと責任を取ろうとするはず……使い魔として忠誠心に富むケット・シーは、その責を果たすのだと決意を新たにします。

その時でした。

アジトに突如響く爆発音。
レオファードは素早く外へと駆け出しました。主人公達もあわててこれに続きます――。

襲撃

目に飛び込んできたのは、そこかしこから広がる火の手と倒れている仲間達の姿と――

吹き飛ばされるレオファードでした。

その犯人はディアボロス。
為すすべなく、ケット・シーは持っていた「要」を奪われてしまいます。

ケット・シーは「スカアハに世界の支配などさせない」と言い放ちますが……

そういうとディアボロスは力を溜めはじめ――

その時でした。
一発の弾丸が妖異のこめかみをとらえたのです。

空一面覆い尽くさんとする大型飛空艇。

現れたのはラドリア率いる大鷲連合でした。

ディアボロスは、目的を果たした今、大群を相手にするのは面倒だと逃走。「要」は奪われてしまいましたが、なんとかアジトは無事に済みました。

レオファードの怪我

マハの遺跡にて大鷲連合が潰滅したのは事実であったものの、ラドリアは自分に出来ることを考えぬき、この短時間で大鷲連合を再度構築したのです。

一方、心配なのはレオファードの怪我の容体です。
本人は強がっているものの、彼の怪我は重症。これからの危険な戦いに参加できるようなものではありません。

一刻を争う事態の中、レオファードの怪我の回復を待つ暇はもはやありません。
敵の潜伏先は古文書により発覚。そこに至るための“翼”は、ラドリアが用意してくれました。

敵の拠点は、おそらくラドリアが以前マハの古文書を見つけた浮島です。
ケット・シーによれば、その浮島こそ第六霊災の洪水から逃れるためにマハが建造した人工島だったのです。妖異の知識をも用いて建造されたその島は、移民計画が失敗し、放置されています。ディアボロスたちが潜むにはうってつけの場所です。

憎まれ口をたたくレオファードに背を向け、一行は妖異達のもとへ向かいます。

目的地は影の国ダン・スカー。
女王スカアハ、そして要を手にしたディアボロスとの最終決戦の幕があがります。

ケット・シー:

……これで、良い。奴の回復を待つ時間がないのも、怪我人が足手まといなのも、すべて歴とした事実。あやつの成すべきことは、妖異と刺し違えて死ぬことではない。妖異亡き後に、この空を自由に飛ぶことのはずだ……。

今回は我らのみで、ことを成しとげてみせようぞ。

スタシア:

レオファード、ちゃんと治癒師に診せないとわからないけど骨折と……もしかしたら、内臓も傷ついているかも……。すぐに清潔な場所に運んで、治療を……。

あの怪我じゃ無駄死にするだけ……その意見が正しい。だから、珍しくレオファードも引き下がった。そう、レオファードは置いていくべき、なのよね……。

ラドリア:

レオファードのやつ、ざまぁない姿だよ……。やっぱり、アンタらだけに妖異の排除は任せられないね。

イシュガルドが建造途中で放棄したデカブツを手に入れたんだ。連中、本気でドラゴンとの空中戦を考えてたらしくてねぇ……。

要求スペックが高すぎて、計画が頓挫したらしい。ラドリア : そこで、アタイらは「小回り」を捨てて、「頑丈さ」だけを追求した、言わば「空飛ぶ要塞」に造り替えた。

まぁ、見てなって、簡単には墜ちやしないからさ!

ウタタ:

みんなが出発した後、あたしが、ひとりでレオファードの相手をするんだよね……。

うに~……コイツ、荒れそうだなあ……。

レオファード:

今回は、お前との冒険はお預けだな……。安心しろ、ちゃんと大人しくしているさ……ちゃんと、な。

影の国ダン・スカー

目的地の人工島「ダン・スカー」には、大鷲連合が用意した飛空艇「レディ・ラドリア号」で向かいます。
これはイシュガルドがドラゴン族迎撃のために建造するも、要求スペックが高すぎたあまり頓挫してしまった飛空艇を転用したものです。

途中、大型妖異デスゲイズ・ホローに襲われます。
これを倒し、見えてきた人工島は……

不気味で、しかしどこか美しい街並みが広がっていました。

ディアボロスに従っていたフェルディア・ホロー。
「狩り」を続け、往時の力を取り戻すも……遂に主人公の前に倒れます。

最深部の城。

待ち受けていたのは女王スカアハ。
既に棺の封印から復活していたのです。

多彩で激しい攻撃でしたが、主人公はこれを倒します。
ディアボロスの宿願は潰えた……ように思えました……。

ディアボロスは、主人公の手で倒された女王スカアハを吸収してしまいます。

彼の目的は女王スカアハの復活などではなく、彼自身が世界を支配することにあったのです。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。