2020/11/24 メインクエスト4.0-紅蓮【18.命を焦がす夢】を更新しました。

STORY | 2.メインクエスト3.5-蒼天【06.宿命の果て】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 宿命の果て

あらすじの要約

新たな蛮神「神龍」と起動した「オメガ」の戦いの行く末は、ふたつの光が飛び去ったこと以外誰にも結末が分からない。エオルゼア同盟軍は状況把握、そして来たるべき帝国軍との戦いに備えるため、バエサルの長城占領作戦をすすめていた。
命を賭したパパリモの覚悟は、相棒の覚悟をも促した。仮面を外した「リセ」は、自分がイダの妹であり、パパリモの相棒として並び立つために偽っていたことを告白。姉と自分の故郷であるアラミゴ奪還を決意する。
一方、帝国軍もまたオメガ、神龍の行方を追っていた。
戦いの火蓋は既に切られた。アラミゴを舞台に、帝国軍との戦いが迫っている。

ストーリーのあらすじ

「宿命の果て」

迫る戦火

オメガと新たな蛮神の戦いの後グリダニアに到着した一行。
いてもたってもいられずアマリセ監視哨へ走ったイダを除き、不語仙の座卓で待つ盟主達のもとへ向かいます。

管制室から完全に把握しきれなかった新たな蛮神――呼称「神龍」と「オメガ」の戦いは、すさまじい攻撃の応酬の後、巨大な閃光が確認されました。
その後二つの「光」がアラミゴ方面へ飛翔し……決着がどうなったのか不明なままです。

少なくともオメガは、時間停止システムによって落下先にて化石同然となっているはずなのですが……現在状況把握や、拠点確保等を目的とし、ピピン率いる同盟軍本隊が出陣。バエサルの長城の占領作戦が進行しています。

望む望まないにかかわらず、イルベルドによって既に戦いの火蓋は切って落とされています。
帝国軍へ対抗するためにも、早期に橋頭堡を確保し、ギラバニアの反帝国勢力と接触しなければなりません。

舞台はアラミゴ。
戦いの刻は近づいています。

メルウィブ:

第七霊災の再来という、最悪の事態は回避された。貴公らの働きがあればこそ……感謝しているぞ。
空を舞うドラゴン型の蛮神……その姿は、カルテノーの戦いの折に見た光景を想起させた。あのような災厄、二度とは見たくないものだよ。

アイメリク:

「竜の眼」が悪用されたと聞いて、責任を感じている次第だ。未だかつて、雲海の底に降りて生きて帰った者はいない。まさか、それをなし得る者がいようとは……。

長城制圧は、イシュガルド参加後のエオルゼア同盟軍にとって、初の本格的な実戦の場となろう。試練ではあるが、絆を深める機会としたいものだな。

ラウバーン:

吾輩は、バエサルの長城へと向かう。帝国軍の迎撃は我らに任せ、貴様らは身体を休めるといい。

ネロ:

捕獲された蛮神ってのを、この目で拝んでみたいもンだぜ。

シド:

「神龍」とやらを捕獲した状態でオメガが時間凍結状態になっているのであれば、当面の危機は回避されたと言えるんだろうが……。

カヌ・エ・センナ:

あのまま「神龍」が目覚めていれば、黒衣森は霊災級の被害を受けていたことでしょう。改めて、お礼を申し上げます。

会合は終了しました。

主人公とアルフィノは石の家へと帰る前に、タタルやヤ・シュトラ、イダの待つアマリセ監視哨へ立ち寄ることにしました。

アルフィノ:

第七霊災を目撃したイルベルドが、ニーズヘッグの「竜の眼」を使って、帝国を倒すためだけに呼び降ろした、憎しみと破壊の神か……。

クルル:

悪夢のような光景だったわ。光の繭から現れた、ドラゴン型の蛮神……あれは、破壊の衝動だけが結集したかのような存在だった。

それと互角以上に戦っているように見えた、「オメガ」の存在も脅威よ……。
でも…………何と表現したらいいかわからないわ。

相棒

イダの相棒、パパリモの最期の魔法。
命懸けの封印魔法は……しかし、痕跡もなく消えてしまいました。

別に後悔してるわけじゃないんだよ。全部、わかっていたんだ。
あのとき、パパリモがやろうとしてた封印魔法が、命がけのものだってことも、ちゃんと理解してた。

それが時間稼ぎにしかならないってこともね……。

いつまでも、パパリモの小さな背中に隠れてはいられない。このマスクはね、アタシがパパリモの「相棒」になるために、必要だっただけの物……。

姉さん

20年前……アラミゴが帝国軍に占領されたあの日、アタシは、まだ5歳にもならない子どもだった。アタシの父さんは、暴君だったアラミゴ王に立ち向かった革命軍のリーダーのひとりでね……。

そして姉さん……。父さんの手伝いをして戦う、優しくて、強くて、カッコイイ姉さんがいたんだ……。

でも、帝国軍が攻めてきて、父さんは……戦って、それっきり。
アタシは姉さんに連れられて、逃げて、逃げて、逃げ続けて、シャーレアンの植民都市に辿り着いたの。

姉さんは故郷を奪還するため、やがて、ルイゾワ様たちと活動をはじめたんだ……。アタシは、そんな姉さんを誇りに思ってた。

リセ

気付いてたんだね。アタシが、イダじゃないって……。
……そっか。やっぱり、賢人のみんなにはかなわないなぁ……。

姉さんは、6年前にアラミゴから難民を逃がす任務中に死んだ。小さな女の子を助けるために、無茶をしたんだって……。あんなに強かった姉さんが……。

ごめんね、黙ってて……。

アタシの本当の名前は「リセ」。

なんかさ、パパリモから、姉さんの形見だって、このマスクをもらった時にさ、思っちゃったんだよね。
パパリモの相棒になって、手伝いたいって。

姉さんになりたかったわけじゃない。自分が中途半端なことくらい、わかってる。

でも、パパリモが最期に言ったんだ。
「お前にしかできない役目がある」って……。

パパリモがつけてくれた賢人の紋様も消えちゃった。
ううん、きっと消してくれたんだ。

だからアタシは選ばなくちゃいけない、リセとしての選択を……。父さんの、姉さんの、悲願を達成するために……。

アラミゴを……アタシたち家族の故郷を取り戻したい!

宿命の果て

リセは、”イダとしての仮面”を外すことで覚悟を決めました。
相棒であったパパリモを失った悲しみはそう簡単に癒えずとも、一歩前へと歩み始めたのです。

既にギラバニアへの門は開かれています。エオルゼア同盟軍とガレマール帝国軍の戦いが迫っている以上、暁もまた共に動く必要があります。
なにより――仲間である「リセ」が覚悟を決めたのならば、それを支えたいというのが暁の想いでもあるのです。

たとえ世界のすべてを救えなくても、目の前の救える人を救うためにも。
新たな戦いが始まります。

エピローグ1 はるかなる東方

ふたたび大戦が始まる……。

迷ったことがないと言えば、嘘になる。
だが、それでも私は刃を捨てずに生きてきた……。

そうだ、我らの戦いは、まだ終わってはござらん。
ゆくぞ、ユウギリ……はるかなる東方へ!

エピローグ2 故郷奪還への決意

バエサルの長城占領作戦をすすめるエオルゼア同盟軍。
指揮をとるのは不滅隊将校、ピピン・タルピンです。

急げ! オメガと蛮神はギラバニア上空で消滅したが、帝国軍も、まもなく混乱から立ち直るだろう!
今のうちに迎撃準備を整えるのだ!

いよいよですね、義父上……。
お任せください。義父上に叩き込まれた猛牛流の戦い方を見せてやりますよ!










 

イルベルド、我が友だった男よ。
貴様とは異なる方法で、必ずや故郷を取り戻してみせるぞ。

……必ずな。

エピローグ3 帝国軍の狙い

上空で激突したふたつの飛翔体の消息は不明。
その戦闘の影響で、各地に多大な被害が出ておりますが……本当に復旧よりも、飛翔体の捜索を優先してよろしいので?

も、申し訳ございません!
差し出がましい事を申しました!
閣下のご命令通り、任を遂行致します!

ドラゴン型の蛮神、さしずめ「神龍」といったところか。
そして、バハムートを捕らえし者「オメガ」……。

愉しませてくれるではないか……。

4.0 紅蓮のリベレーター

【FF14-4.X】紅蓮のリベレーター ストーリーあらすじSTORY | 2.メインクエスト4.0-紅蓮【01.長城を越えて】

登場NPC

NPC | イダ・ヘクストFF14のNPC シド・ガーロンドNPC | シド・ガーロンド(3.X)FF14のNPC ネロ・トル・スカエウァNPC | ネロ・トル・スカエウァNPC | ゴウセツ・ダイトウFF14のNPC 霧隠のユウギリNPC | 霧隠のユウギリFF14のNPC アルフィノ・ルヴェユールNPC | アルフィノ・ルヴェユール(3.X)NPC | カヌ・エ・センナFF14のNPC メルウィブ・ブルーフィスウィンNPC | メルウィブ・ブルーフィスウィンFF14のNPC ラウバーン・アルディンNPC | ラウバーン・アルディンFF14のNPC アイメリク・ド・ボーレルNPC | アイメリク・ド・ボーレルFF14のNPC ヤ・シュトラ・ルルNPC | ヤ・シュトラ・ルル(3.X~4.X)FF14のNPC クルル・バルデシオンNPC | クルル・バルデシオンFF14のNPC ピピン・タルピンNPC | ピピン・タルピンNPC | ゼノス・イェー・ガルヴァス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。