2020/10/20 メインクエスト4.0-紅蓮【12.豪神スサノオ】を更新しました。

STORY | 2.メインクエスト4.0-紅蓮【11.碧甲羅と八百万の神】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 碧甲羅と八百万の神
  • 大海原に泳ぎ出せ!
  • 秘色に暮らす民
  • 海底探索
  • 縁に結ばれて

あらすじの要約

碧のタマミズに到着した主人公たちは、ソロバンの紹介によって碧甲羅のコウジン族達の長老であるブンチンと面会、紅甲羅達を引きつける方法の相談をする。ブンチンからは協力する前に信頼関係を構築したいと、コウジン族のお宝「ヤサカニノマガタマ」を海中から捜してくるよう依頼された。
「おまじない」によって、海中で自由に行動できるようになった主人公達はスイの里へ。そこでユウギリの両親と出会う。久しく会えていないという二人にユウギリの無事を伝えると心から喜び、ヤサカニノマガタマを探す為の「薄闇行燈」を借してくれた。それによって、広大な海の中から小さなヤサカニノマガタマを探し出すことに成功した。
ブンチンにマガタマを渡し、紅甲羅達を引きつける案――宝物殿の封印を解き、突入する作戦を聞いた。いよいよ戦いが近い。

ストーリーのあらすじ

「碧甲羅と八百万の神」

碧甲羅と紅甲羅

見知った顔があったことに安堵した一行は、状況を説明。
ソロバンは、長老の「ブンチン」のもとへ案内してくれることになりました。

主人公達は、イサリ村解放のためにも自分たちが紅甲羅のコウジン族をひきつけ、しばらく大人しくさせたいと話します。
碧甲羅にとって、同族を襲撃することになりますが、紅甲羅とは考え方が全く異なるため、むしろ積極的に協力したいと申し出てくれました。但し、まずは信頼を結ぶため、ひとつの依頼をこなすことになります。

碧甲羅と紅甲羅
コウジン族には大きく二派、紅甲羅と碧甲羅がありますが、どちらも基本的に「世の森羅万象を織り成す八百万の神」を祀っているという点は変わりません。
彼等の信仰によると、神々はこの世で然るべき「物」――特に古き物、逸品と呼ばれる物、いわくつきの物に宿ると考えてられおり、そういった神が宿るためにふさわしき物を集めています。
ガレマール帝国を敵に回してしまうと物を集めるのにも不都合があるため、紅甲羅は帝国軍と手を組むことを選びました。但し、帝国はあらゆる信仰を認めていません。そのため紅甲羅は、単に金稼ぎのために協力しているという体裁をとっており……碧甲羅はその本末転倒な考え方を好んでいません。

加えて、物を集める手段にしても違いがあり、紅甲羅は武力によって、対して碧甲羅は縁の力――つまり交易や商売によって集めてきました。紅甲羅達のせいで商売がしにくくなっている現状は、碧甲羅にとって好ましい状況ではないのです。

ヤサカニノマガタマ

彼等の依頼とは「ヤサカニノマガタマ」というコウジン族達の宝の回収でした。
最近までひんがしの国の国主が持っていたそれは、帝国に取り入るため献上されることに。一族の宝を取り戻したい紅甲羅達が輸送船を襲撃したものの、戦いの際海中に没してしまったのです。

ブンチンはヤサカニノマガタマを回収したいと考えているものの、紅甲羅と遭遇したら面倒なことになる……ということで、主人公に依頼したのでした。

ここから西方に海流の影響で落下物が集まりやすい場所があり、そこにある可能性が高いらしいものの、主人公達は海中で息が続きません。そこで、ソロバンは窒息しないための「おまじない」をかけてくれることになりました。
おまじないには捧げ物が必要なため、「拳大の万年貝」「よじれた紅珊瑚」「無傷の大カブト」を集めます。

アリゼー:

以前、アルフィノに、薪拾いがどうのって自慢されたから……今度会ったら言ってやるわ。
「あなた、貝拾いの経験はある?」 とね!

リセ:

あっちに見える珊瑚かな……? だいぶ沖だけど、泳いでみますか!

各々で手分けし、主人公は「無傷の大カブト」を、アリゼーは「拳大の万年貝」、リセは「よじれた紅珊瑚」を手にいれました。

「大海原に泳ぎ出せ!」

海におわします、諸々の神様。
冥きもの、輝けるもの、流れるもの、淀むもの、大海原を満ち引きさせる、有りと有らゆる神々よ。
この者奉る品々の捧物をお納めになりて、陸の穢れを祓い、海神の恩を給わらんと申すこと、いざ聞し召せと畏み畏み申す……。

無事におまじないは完了。これで水中でも活動できるようになりました。
但し、水中での活動が出来るようになったただけで、泳げるようになったわけではありません。

……というわけで、リセも含め泳ぎに問題はなさそうです。
ソロバンから海中での活動に適した海獣を借り、西方の海域に詳しい者達が住むという「スイの里」へと向かいます。

「秘色に暮らす民」

海底の民

スイの里に到着しました。
ソロバンに紹介されたここの仕切り役、シオサイの元へと向かいます。

宮司(みやつかさ)であるシオサイは、外の諍いを里に持ち込まないでくれと取り付く島もありませんでした。

スイの里は、紫水の君「紅玉姫」を中心にアウラ・スイが暮らす集落です。アウラ・レンを祖とし、争いを避けようとした者達が海底に定住して独自の文化を発展させてきたのだといいます。その起こりから伝統的に争いを好まず、外との関わりを“極力”控えてきたため、主人公達は協力を得ることが出来ませんでした。

リセ:

知らない土地で拒絶されるのって、何度経験しても、しんどいなぁ……。塞いでなんていられないけど、さ。

アリゼー:

あっちでもこっちでも、協力を取りつけるだけのことが、こんなに難しいなんてね……。およそ25年、アラミゴ以上の長きにわたって、帝国の影響下におかれてきた土地に、変化をもたらす……覚悟してたつもりだけど、壁ばっかりだわ……。

何か……何か手を考えないと……。もう少しだけ無事でいてよね、ゴウセツ……。

イサリ村にて

一方、イサリ村では……

斯く様な負け惜しみ、聞き飽きているというのなら……ナエウリの忌み子と呼ぶか。それとも、サシハイの寡婦と呼ぶか……。
こうして祖国を蹂躙し、おぬしの気は晴れたでござるか?

そこまで調べてあるのなら、問うまでもないだろう?
あたしの腹は底なしの沼……満足にはまだ、ほど遠い……。だから、もっともっと酷くしてあげる。お前さんたちの泣き声と、哀れに地を這う醜態で、この耳と目を慰めておくれよ。

でも、お前さんは図太いからねぇ……。うちの木偶の坊に殴らせてるより、亡き主君様の首を持ってきた方が、喜ぶかい?

アッハ! そう、ドマの殿君、カイエン様!
帝国に国を落とされ、総督に操られる仮初の将になっても、お前さんにとっちゃ、大事な主君様だったものねぇ!

25年前、せっかく命を見逃されたんだ……そのまま犬として飼われていればよかったものを、ここにきて反乱なんて企てた上、民を逃がして討ち死になんて!
ねえ、あの日、お前さんはどんな気分だったの? 主君を守れず、自分だけ生き延びて!

まあ、主君と国を守れなかったのは初めてじゃないか。お前さん、25年前も帝国兵に負けて、牢に繋がれたんだもんねぇ……。聞いた話じゃ、主君のもとに戻るため、帝国の兵役まで甘んじて受けたそうじゃないか。まるで修羅の如き殺人剣だったって、今でも伝説よぉ?

あたし、生きるために手段を選ばない人って好きよ?
……あたしとおそろいだからねぇ。

そのよしみで、交渉してやろうって言ってるんだ。
帝国の御上の方々がね、ドマの王たりえるものの身柄をとっとと確保しろってうるさいのさ。

つまりは、カイエン様の息子……あんたと一緒に逃げてたはずの、ヒエン様のことをね。死体の場所でも構わないから、白状しておくれよ。

「海底探索」

シオサイとの交渉が失敗に終わり、どうやってヤサカニノマガタマを探そうか困っていた主人公達は、老夫婦に声をかけられました。

ドマ反乱軍に所属している娘のことを、外から来た主人公達が何か知らないかと声をかけてきたのです。
娘の名前を聞くと――イハナミとユウナギは、あの霧隠のユウギリの両親でした。

スイの里出身のユウギリは、幼い頃好奇心からドマに行きました。
そこで護国に燃える少年に出会い、帝国の脅威について話を聞きます。
里に戻り、戦に備えることの重要性を解いたユウギリでしたが、里の者は全くとりあわず……先代の紅玉姫は彼女を危険分子として里から勘当。ユウギリは里を出て忍びとなったのだそうです。

主人公達はユウギリが無事であることを説明。安心した彼女の両親は、エオルゼアでユウギリ達を救ってくれた礼にと、ヤサカニノマガタマを探すために協力してくれることになりました。

なんでもヤサカニノマガタマは、ときに神秘的な光を放つ秘宝。そこで、石工であるというイナハミが光る石を探すときに使う薄闇行燈を貸してくれました。

思わぬ縁を得て、手がかりを得た一行。教えてもらった、海中に没した物が堆積しやすいという南西にある沈没船「アヴェンジャー号」付近を捜索すると……

ヤサカニノマガタマを発見しました。
ほとんど不可能かと思われた、海底での捜索は成功。ユウギリの両親には、再会したら「父母も兄弟も健在で、あなたを想っている」ことを伝えると約束し、急ぎ碧のタマミズへと帰ります。

「縁に結ばれて」

ブンチンにヤサカニノマガタマを渡しました。

幸いにも縁を結ぶことに成功した主人公達は、碧甲羅達の協力を得られることになりました。

彼等の案は、コウジン族の本拠地である「ゼッキ島」の宝物殿の封印を祭事用のナイフで解き、潜入すること。すべてのコウジン族が宝物を納める宝物殿は現在紅甲羅の手で守られており、彼等にとってそれは命にも代えがたき品々。そこに人間が侵入したとなれば、それこそ帝国に駆り出されている者達を含めて総出で排除しにくるに違いありません。

そこで主人公達が長く交戦すれば紅甲羅を一手に引き受けることにつながり、海賊衆がイサリ村に攻め入る隙を作ることができるでしょう。

ただし、そこは神々の寝所。相応の礼を尽くしてほしいとのことで、もともと三種ひとそろいの神器であるというヤサカニノマガタマをしっかり納めてほしいとお願いされました。

ソロバンは海賊衆のもとへ行き、主人公達が紅甲羅との戦いを始めることを伝えてくれるそうです。いよいよ戦いが始まります。

登場NPC

NPC | アリゼー・ルヴェユール(4.X)NPC | リセ・ヘクストNPC | コウジン族NPC | ゴウセツ・ダイトウNPC | ヨツユ・ゴー・ブルトゥスNPC | グリーンワート・ピル・アルヴィナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。