2020/05/27 メインクエスト3.5-蒼天【06.宿命の果て】を更新しました。

NPC | コボルド族


エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。当ページでは、NPC コボルド族 の概要や、登場クエストの一覧などが参照可能です。

種族紹介

リムサ・ロミンサ北部「オ・ゴモロ」に張り巡らせた坑道を住処とする地底民。リムサ・ロミンサとは不可侵条約を結んでいたのだが、近年天然資源をめぐる争いが再燃している様子。

地底の民であり、あまり眼は良くない一方で、聴力に長ける。また、触毛を有する。

同じ洞穴に住む者たちを示す「洞穴団」を一集団とし、第1洞穴団を頂点とした明確なヒエラルキーが存在している。洞穴団は第789まである。

信奉する蛮神 岩神タイタン

本来温厚な神であり、信徒であるコボルド族を我が子のように慈しむ。
しかし戦いとなると様相は一変。苛烈な攻撃で対抗する人間たちを大いに苦しめる。

先にも書いたとおり、最近リムサ・ロミンサと資源をめぐる争いが再燃していることも、タイタンが荒々しく召喚される原因となっているようだ。

テンパード

基本的には、オ・ゴモロ火山近郊に住むコボルド族全てがタイタンを熱く信奉している。

コボルド族は技術力に長けるものの、一般的な人間に比べて非力な傾向にある。そのため、ひとたび領土争いとなれば一方的に蹂躙されかねず、その恐怖が蛮神の信奉に結びついている。

ただし、その蛮神召喚のためならば仲間さえも犠牲にする態度は、多くの歪みも生んでいるようだ。

主要な登場NPC

オ・ゴモロ

ペイトリアーク02 ザ・ダ

  • ザ・ダ
  • Za Da
所属
初登場時オ・ゴモロ洞穴団
Note

コボルド族の上位司祭。
「ペイトリアーク」とは洞穴団のことを指すため、要するに「第2洞穴団のザ・ダ」という意味。

タイタンを召喚する祭事を司っており、主人公の前には幾度となく現れる。

Encyclopaedia Eorzea

掲載なし

登場クエスト
STORY | 1.メインクエスト2.0-新生【22.憤怒の岩神タイタン】STORY | 2.メインクエスト3.4-蒼天【02.岩神を喚ぶ声】

ガ・ブ

所属
初登場時オ・ゴモロ洞穴団
Note

オ・ゴモロに住むコボルド族の子供。

彼の両親が蛮神召喚のための祭器の「贄」とされることが決まってしまい、勇気を持って敵対するリムサ・ロミンサのキャンプ地に来てまで助けを求めたのだが……。

Encyclopaedia Eorzea

掲載なし

登場クエスト
STORY | 2.メインクエスト3.4-蒼天【02.岩神を喚ぶ声】STORY | 2.メインクエスト3.4-蒼天【03.星影に零れて】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。