2022/07/17 メインクエスト4.4-紅蓮【03.狂乱の前奏曲】を更新しました。

STORY | 2.メインクエスト4.4-紅蓮【03.狂乱の前奏曲】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • 響き渡る声
  • 狂乱の前奏曲

あらすじの要約

帝国、そしてアシエンに対抗するためのエオルゼア同盟軍会議が開催される。帝国の内乱を誘発し、国力を削ぐ作戦が採択されたのだが、その直後謎の声が響き、サンクレッドが昏倒。暁は会議を中座し、対策を練るため石の家に帰る。しかしそこでも同様の声が聞こえ、ヤ・シュトラとウリエンジェも倒れてしまった。
残された主人公とアリゼーは、一歩を踏み出すためにガ・ブと面会。決意を新たに、前へ進み出す。
一方帝国では、ゼノスの顔を持つ男……アシエン・エリディブスが、現皇帝ヴァリスを焚きつけるも、煮え切らない。それもそのはず、帝国はアシエンと協力関係にあるのではなく、そもそもアシエンが作った国なのだ。未だ実験を握る初代皇帝ソル――アシエン・エメトセルクは、飄々と、ヴァリスを戦争へと促す。
また、影の狩人と共にするアルフィノは、属州のとあるレジスタンス野営地が全滅しているのを発見。帝国の毒ガス兵器「黒薔薇」が使われたのだ。惨劇を止めるべく、歩を進める。

ストーリーのあらすじ

「響き渡る声」

報告

ハクロウ

アジムステップでも、尽力してくれたようだな。お主たちには、頭が上がらんよ……。

ユウギリ

いずれの国や組織も、みな真剣に話を聞いてくれた。……さすがに、すべての勢力が協力的とはいかなかったがな。

エーテル確保に成功した主人公達が帰燕館に到着しました。皆も戻っており、それぞれ成果を報告します。

アリゼーは、ガーロンド・アイアンワークス社に技術者派遣を依頼。費用他、この後の仔細打ち合わせはドマの名義で行われます。
ユウギリ、ハクロウの向かった東方連合への参加要請ですが、ナグサ諸派他、いくつかの組織からは前向きな回答が得られたものの、帝国と不可侵条約を結んでいるひんがしの国や、戦いを忌避しているスイの里からは明確に断られてしまったそうです。

ひとまず、今打てる手は打ちました。
アラミゴヘ向かい、エオルゼア同盟軍の会議に参加します。

ハクロウ

ナグサというのは、ヤンサに隣接する地域でな。大国が存在せず、小さな勢力が点在しているのだが、そのいくつかが東方連合への参加に興味を示しているのだ。

ユウギリ

ひんがしの国とスイの里の東方連合への不参加は、当初の想定通りと言えばそのとおりなのだが……やはり、惜しいと感じてしまうのだ。

会議へ

到着したアラミガン・クォーターでは、サンクレッドが待っていました。

彼は、事前にヤ・シュトラから共有を受けた情報を、暁にも連絡してくれていました。各々心配しつつも仕事に専念してくれています。アルフィノと仲の良かったアレンヴァルドも、私情を押し殺し、会議の警備に参加してくれているそうです。

さて、いよいよ会議の始まりです。

サンクレッド

アレンヴァルドのヤツ、不安で顔が蒼白になっていたよ。あとで会ったときにでも、状況を詳しく教えてやってくれ。

アリゼー

考えてみれば、正式な会議の場で、盟主と顔を合わせるのは初めてだわ。アルフィノやあなたは、こういう機会も沢山あったんでしょうけど。

ヤ・シュトラ

アリゼーは、アルフィノのことで、心穏やかじゃないみたい。
前回は、カリヤナ派による騒乱が生じた……。今回は何事もなく終わってほしいものね。

エオルゼア同盟軍会議

会議が始まりました。
参加者は、アラミゴ代表ラウバーンとリセ、ウルダハ代表ナナモ、グリダニア代表カヌ・エ、リムサ・ロミンサ代表メルウィブ、イシュガルド代表アイメリク、ドマ代表ヒエン。暁からは、サンクレッド、ヤ・シュトラ、アリゼー、そして主人公です。

まずは、ナナモによるアラミゴ正式参加歓迎の挨拶から。その後東方からの仲間として、ヒエンも会議招待の礼を述べました。

昔話もそこそこに、本題へと入ります。
まずはヒエンから、東方の現状を共有。芽生えかけた和平の道が潰えた今、本気で帝国に攻め入られれば、戦況は厳しいものとなるでしょう。
叩くべきは混沌の元凶アシエンとはいえ、帝国の中枢に入り込んでいる彼らを果たしてどう討つべきか。

直接的な手段は現実的ではない……ならば、使うべきは搦め手です。

サンクレッドの考えた策は次の通り。

  1. ドマの忍びを使い、「皇太子ゼノスはアラミゴ奪還の際に死んでおり、今帝国にいるのはその肉体を操る異形の存在だ」という噂を流す。
  2. 噂が大勢にならずとも、そのほうが「都合の良い連中」、つまり先の帝国内乱でヴァリスと対立し、ゼノスを快く思っていない一派を動かす。
  3. 再び内部分裂を誘発し、帝国の国力を削ぐ

王道の作戦ではありませんが、現状の最善策と考えられます。本件はサンクレッドと、既に帝国に潜入しているドマの忍び達が担当することになりました。

謎の声、倒れたサンクレッド

方針が決まった、その時でした。

――では――ならない――
歴史――変えなければ――

今、再び霊災のとき――
停滞の光 姿なき死が はびこらんとしている
ふたつの破滅を退けるは 汝なり――汝なり――

悠久の時を経て ここに時空を超えよ
我に その門を開け――!

どうやら、声が聞こえていたのは主人公だけではなく、暁全員だった様子。
そして……

サンクレッドが倒れます。
慌てた様子で、カヌ・エは治療を始めました。

欠けた魂

その後、サンクレッドは別室に移されました。容態は安定しているものの、意識が戻りません。帝国への対応策はエオルゼア同盟軍に任せ、暁は会議を退席します。
一体何故、サンクレッドは倒れてしまったのでしょうか。
同様に声を聴いた暁の皆も検査を受けましたが、外傷もなく、毒物反応もないのです。

カヌ・エによれば、これは何者かに「喚ばれ」、魂が肉体を離れたために起きた現象だといいます。というのも、サンクレッドの肉体には現在、魂が欠けているというのです。
彼は以前アシエンに憑依され、エーテルの影響を受けやすくなっていました。その結果、ひとりだけ喚ばれてしまったのでしょう。

果たして、誰に喚ばれたのか……。
アシエンによる攻撃の可能性も否定できない中、急ぎ対応策を練る必要がありそうです。

カヌ・エ

このような現象は、見たことがありません。古の白魔法の知識をもってしても……。

リセ

サンクレッドのことは任せておいて。容態に変化があれば、すぐに報せるから!

ヤ・シュトラ

これがアシエンによる攻撃だとするならば、早急に手を打たなければ、被害が広がりかねない……。

「狂乱の前奏曲」

次々と……

状況報告のため、石の家へと帰ります。

驚くべきことに、ウリエンジェも声を聞いていたのです。会議の場にいた者を狙った攻撃ではなさそうですが……とはいえ、誰が行ったのか、目的は何なのか……推察するには情報が不足しています。

少々別件ではありますが、ヤ・シュトラが東方で観測していた「局所的なエーテルの減少」を、ウリエンジェもエオルゼアで観測していました。何らかの異常が起こっているということだけは間違いないようですが。

その時――

そして……

ヤ・シュトラ、そしてウリエンジェまでもが、昏倒してしまったのです。

ホーリー・ボルダー

何ということでしょう……。しかし、うろたえてばかりもいられません。
こんなときこそ、私たちが「暁」を支えなければ……!

アリアヌ

別件の調査で出ているクルルにも、賢人の件を伝えるよう、タタルに頼んでおくわ。彼女だって、件の声を聞いていないともかぎらないしね……。

前に進むために

サンクレッド、ヤ・シュトラ、ウリエンジェが昏倒し、そしてアルフィノは行方不明。状況は悪化の一途を辿っています。

サンクレッドは石の家へ搬送され、皆と一緒に容態を見守ることに。
落ち着きを取り戻したアリゼーは、会いたい人がいると、主人公をリムサ・ロミンサへ誘います。

到着したのは、リムサ・ロミンサの黒渦団。待っていたのは、かつて両親が贄とされ、タイタン召喚を行ったコボルド族の子、ガ・ブでした

テンパードとなっているガ・ブは相変わらず喋れず、しかし暴れることもなく、状況に変化はありません。

そっか……。今も必死に、心の中で戦い続けているのね……。
……偉いね、ガ・ブ。

アルフィノと話したことがあるの。時間ができたら、ふたりであなたに会いに行こうって……。でも、まだその約束はお預けね……。

ねえ、こうして3人でいると……あのときの星空を思い出さない?

あのときも、何かを失った悲しみや、無力感に苛まれてた……。でも、すぐ近くにはアルフィノがいて、石の家に行けば、みんなが迎えてくれた。だけど、今は…………。出会いや別れは、幾度も経験してきたわ。世の中の不条理や自分の力の限界だって、嫌という程、知らされてきた。
それなのに、私はまだ……兄や仲間の危機を前にしても、こうも無力で……それが……ただ悔しくて……

ガ・ブと会い、気持ちの整理ができたのでしょうか。
アリゼーは再び顔を上げ、皆を目覚めさせるために踏み出します。

主人公もまた、その一歩の支えとなっているのです。

エピローグ1 帝国にて

ゼノスの顔を持つ男

策が功を奏し、民衆派は息を潜めるばかり……ならば今こそ、帝国の力を見せつけてやるときではないか?
皇帝陛下が一声、号令をかけるだけでいい。それだけで軍は、飢えた狼のようにアラミゴへと殺到し、あのような小国など、またたく間に喰らい尽くすことだろう。

わざわざ手間を掛けてまで「調停者」たる私が、道化を演じているのだぞ?
お前に初めて、この顔を晒したときに誓ったろう? 私が持つ力と知恵のすべてを、帝国のために振るおうと……。その言葉に偽りなしと、証明してきたはずだ。

あの神殺しの英雄すら、この身体を得た私ならば、安々と始末できるだろう。

いったい、何を迷う?
あまり決断を遅らせると、確定した勝利さえ揺るぎかねないぞ?
悩みの渦を抜け出せたなら、また呼びたまえよ。

父上殿……。

初代皇帝

せっかく役目を演じきって、寝ようってときだったんだぞ。
それを、ラハブレアの爺さんが死んだからって、呼び出されて……。本当に、エリディブスの心配性は厭になる。お前もそう思うだろう?

……なんだ、私のこともうんざりか。まあいいさ、こちらとしても、今更お前に家族らしくされる方が面倒だ。
……状況をシンプルに捉えたまえ。ヴァリス・ゾス・ガルヴァスくん。

……我が「孫」よ。

いつものことながら、お前に決定権はない。すべきことを、ただ迅速に成せばいい。
エリディブスは面倒な奴だが……調停者としての選択は、まあ間違えることがない。光と闇の均衡をとるにあたって、邪魔な因子があるというなら、排除してしかるべきだろう。

殺せよ、戦争でもなんでも使って。
……そのために大きくした国だぞ?

この私……初代皇帝「ソル」がな。

偉大なるガレマール帝国

おぅおぅ、いかにも……って顔だ。お前も、存外わかりやすい男だな。
同情……はしないが、多少なりとも哀れには思っているさ。知らないまま踊らされていた方が、まだ幸せだったろうとな。

国父ソルは、アシエンだった!
偉大なるガレマール帝国は、そいつによって、世に戦乱の種をまくため造られた国だったのだ!

……なんて。
恨むなよ、これが私の仕事だ。

霊災を起こすには、大きな力がいる。そのために影響力の強い手駒を作っておくのは、シンプルかつ効率的だ。

この仕事を、そこそこ長い間やってきたが……ガレマール帝国は、それなりに上出来な部類だといえる。アラグ帝国ほどではないにしても、な。

歴史を紡ぐ者

………

……

無駄な労力を使わせるのはやめてほしい……それから、お前も皇帝なんだから、人がどうのという大志は、私でなく衆愚の前で垂れてやれ。
使命感に火をつけられれば儲けもの、使いやすい駒が手に入る。

さあ、すねている時間は終わりだぞ坊や。お前だって、理解はしているはずだ。

これは、人と世界を真なる形に戻すための戦い。
その点において、私たちアシエンとお前の目的は、一致しているだろう?

エピローグ2 帝国属州・レジスタンス野営地にて

影の狩人と行動を共にするアルフィノ。
しかし、到着したレジスタンス野営地で彼らがみたのは、信じ難い惨事でした。

かつてギラバニアにて、帝国軍の手で開発された毒ガス兵器、その名を「黒薔薇」という……。
だが、「黒薔薇」は研究資料を含め、すべて廃棄されたはず。それを掘り出し、使用するなど……! かくも卑劣な手段で、導くべき民を殺して何とする……!

目の前に広がる惨劇。これはおそらく帝国の……そして、その裏で暗躍するアシエンによるもの。
毒ガス兵器「黒薔薇」を止めようと、アルフィノと影の狩人は出立するのでした。

登場NPC

NPC | ヒエン・リジンFF14のNPC ヤ・シュトラ・ルルNPC | ヤ・シュトラ・ルル(3.X~4.X)NPC | アリゼー・ルヴェユール(4.X)NPC | ハクロウ・グンジFF14のNPC 霧隠のユウギリNPC | 霧隠のユウギリNPC | サンクレッド・ウォータース(3.X~4.X)NPC | リセ・ヘクストFF14のNPC ラウバーン・アルディンNPC | ラウバーン・アルディンFF14のNPC ナナモ・ウル・ナモNPC | ナナモ・ウル・ナモNPC | カヌ・エ・センナFF14のNPC メルウィブ・ブルーフィスウィンNPC | メルウィブ・ブルーフィスウィンFF14のNPC アイメリク・ド・ボーレルNPC | アイメリク・ド・ボーレルFF14のNPC ウリエンジェ・オギュレNPC | ウリエンジェ・オギュレ(2.X~4.X)FF14のNPC ホーリー・ボルダーNPC | ホーリー・ボルダーFF14のNPC アリアヌ・ヴェルグランスNPC | アリアヌ・ヴェルグランスNPC | コボルド族NPC | アシエン・エリディブスFF14のNPC ヴァリス・ゾス・ガルヴァスNPC | ヴァリス・ゾス・ガルヴァスNPC | アシエン・エメトセルクNPC | アルフィノ・ルヴェユール(4.X)NPC | ガイウス・バエサル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。