2021/08/13 メインクエスト4.3-紅蓮【04.十六夜の月 Part.2】を更新しました。

STORY | 2.クロニクル-リターン・トゥ・イヴァリース【05.ゴルモア大密林の古代遺跡】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • ゴルモア大密林の古代遺跡

リターン・トゥ・イヴァリースについて

FF14のパッチ4.Xで展開されたクロニクルクエスト、リターン・トゥ・イヴァリースは、主にFINAL FANTASY TACTICS(FFT)、及びFINAL FANTASY XII(FF12)を下敷きとして語られる物語です。
元を知らなければ楽しめない構成にはなっていないものの、知っていたほうが楽しめるのは間違いないことや、ここでしか出てこない単語等も多いことから、よりリターン・トゥ・イヴァリースを楽しむためのガイドブックを作成しています。
是非あわせてご参照ください。

STORY | 2.クロニクル-リターン・トゥ・イヴァリース【00.ストーリーを楽しむためのガイドブック】
あらすじの要約

フランの要求を東アルデナード商会や暁、ドマに伝えるも、結果は芳しくなかった。しかし、フランとブワ時はまるで「断られることが当然」であるかのようであった。主人公の尽力に答えるためとのことで、フランはオーボンヌ修道院の探索に協力。場所が判明したところで、聖石オティスを通じて聖天使アルテマがアルマを攫ってしまう。
ゴルモア大密林に到着。無事アルマを救出できたが、今度はラムザが攫われてしまうのだった。

ストーリーのあらすじ

「ゴルモア大密林の古代遺跡」

主人公の人徳を頼りに

劇場艇へ戻り、フランの意向を伝える主人公。

とはいえ、そもそもこれらの要求はジェノミス達宛のものではなく、エオルゼア同盟軍及びドマ、そして東アルデナード商会へ向けたものです。果たして他所者である劇団マジェスティックの為に、難しい要求を飲んでもらえるのか……。
その「人徳」に頼られた主人公は、ひとまず各所にリンクシェル通信を入れます。

その後、一定の回答が用意されたとのことで、ブワジにも連絡を入れ、共にウルダハ商館へ向かいます。

ラムザ

ボクには何の力にもなれない……それが悔しい……。オーボンヌ修道院までたどり着ければ……きっと……。
すみません、貴女にすべてをお任せすることになって……!

ジェノミス

……これはなかなか厳しいミッションのようだね。すべてをきみに委ねることになって忍びないが、事が順調に進むことを祈るよ。

ミコト

エーテルジャマーの組み立てはうまくいってるんですが、出力が予想より若干下回っているようですね……。
もう少し調整したほうがよいようです。

モンブラン

いってらっしゃいクポ! モグはさらに詳しくみんなに伝えておくクポ!
任せておくクポ!

ハーディ

兄ちゃんが迷惑かけなかったクポ? 大丈夫ならいいクポ……。
兄ちゃん、調子に乗るとすぐに危険なことするので心配クポ~!

リノ

飛空艇の整備でもしとくかネェ……。燃料と消耗品を調達しときたいところだけど、クガネじゃ目立ちすぎるもんネェ……。

ギジュー

オレたちゃ、ここで留守番してるゼ。バンガがクガネをうろうろしてもろくな事ァないからナ! じゃ、しっかりやってクンロ!

かわいらしい劇団員

……ヴィエラ族? 知ってますよ、もちろん! 昔、帝都で見かけたことありますね。
すらっとしたその姿はとても美しいんですよね。

楽器を抱えた劇団員

ヴィエラ族のレジスタンスですか……。
帝国は服従する者に対して均等にチャンスを与えると言いますが、ガレアン族こそが優良種であるという根深い偏見があるのも事実。もちろん、ジェノミスさんのようにそうした偏見を持たない、むしろそうした倨傲を取り払おうと努力するガレアン族もいます。ですが、属州での潜在的な差別は強かったですからね。
旧ダルマスカ王国は多種多様な人種に満ちあふれた王国で、権利や義務はすべて均等に国民に付与されていたといいます。
ヴィエラ族は誇り高き森の護人……帝国とは合わないはず……。祖国を帝国に支配され、蹂躙されるという屈辱……。今、彼女たちはどんな想いで抵抗活動をしているんでしょうね。その心の内を知りたいなぁ。
あぁ、すみません……まるで他人事のような言い方で……。元帝国民とはいえ、憎まれる側なのは十分に理解しています。ですが、個人としては彼女たちに寄り添いたいと思ってるんです。

ハンサムな劇団員

へぇ~、ヴィエラ族ですか~。ダルマスカが属州として帝国の版図に組み込まれた際、彼の地から離れようとしなかったと聞いたことがありますよ。それでも、いくらかは帝都へ連れて行かれたそうですけど、圧倒的な少数民族……って感じですかね。
とはいえその姿は目立つので、自然と注目を集めていましたよ。それに……ヴィエラは美しい方が多いですからねぇ。そのエキゾチックな美貌を手に入れようと、金に糸目を付けずに貢ぐ御仁も多かったと聞きます。
そのフランさんとやらは、この劇団に入ったりしないかな~。きっと看板女優になると思うんですよ。
あっ! レジスタンスの幹部のひとりでしたっけ? それじゃあ、絶対に無理ですね~~。我々は彼女たちにとって敵も同然ですからねぇ。
失敬、失敬!

マッチョな劇団員

ヴィエラだって!? どこだい、どこにいるんだい? 体脂肪が少ない割に美しいプロポーションを維持している……! 実に見事! まさにマッチョ! 筋肉界のレジェンドじゃないか!
ああ、見たい! この目で確認したい!
美しくしなやかな大腿二頭筋を……下腿三頭筋を……ッ!
大臀筋ちゃん! 僧帽筋ちゃん! 上腕三頭筋ちゃんッ!!

ガレアン族と思われる劇団員

帝国に残る親兄弟は今頃どんな思いをしているのだろうか……。
え? ダルマスカのレジスタンス? しかも、そいつらに協力するって?
おいおい、冗談だろ? 祖国に対する裏切りになるんじゃ……。
……今、言ったことは忘れてくれないか。
それと、すまないが……しばらくひとりにしておいて欲しいな……。

踊り手らしき劇団員

……名前で呼んでくれないかな~。その方が二人の距離はもっと縮むと思うんだけどなぁ~~。でも、それを求めるならまずは自分がそうしないと……。
あっ、き、聞いてました?? た、ただの独り言なんですっ!!
聞かなかったことにしてください……ね?

恋心を抱く若者

……休憩時間はまだかな~~。……早く逢いたいな~~。……こんなに夢中になったのは初めてだ~~。
ハッ!! こ、こ……こんにちは!
あ、い、いや……こ、これは、し、芝居の台詞……! そう、芝居の台詞なんです! わ、忘れてください!!

妖艶な劇団員

ヴィエラって美しいわよね~。いいなぁ、実際に会えたんでしょう?
劇場艇においでくださらないかしら~~。

異邦の劇作家

日々……塵に帰さぬために……他の肉を……喰らい続けねば……ならないのだ……っと。
それゆえ、魂は……他人を欺き……貶め………うーん……。
おや、これは失礼した。執筆に夢中になっていたよ……いや、〆切が近いものでね。
暇だからね、いくつか仕事を請け負っているのさ。

駄目でもともと

ウルダハ商館では、ハンコックの他にユウギリ、タタルが集まっていました。
早速本題に入るのですが……

東アルデナード商会は、利がない資金援助は帝国と敵対することに繋がってしまうため。
暁は、現在中心人物が不在であり、エオルゼア各国と連携がとれないため。
ドマは、解放軍をドマ軍に編入することなら出来るものの、それはダルマスカの民の本意ではないだろう。また指揮体系が明確になっていなければ、解放後に内紛がとなる可能性が高い。まず解放軍を一枚岩にすることが先決だ、と。

三者三様の理由で、援助出来ないとの回答でした。

しかし、ブワジは全く落ち込みませんでした。そればかりか、彼も、そしてフランも、断られて当然であると考えていた様子。それでも、レンテの涙を率いるリーダーの「切なる願い」を無下には出来なかったのです。

試すようなことをして申し訳ないと笑いながら、彼はフランのもとへ帰りました。

主人公も一度飛空艇へ戻ります。

レンテの涙のリーダーとは

支援が得られなかったことにジェノミスは落胆するも、それぞれの言い分に理解を示します。

ところで、レンテの涙のリーダーとはどのような人物なのでしょう。

怖いくらいに冷静で厳しいフランが、無茶な要求とわかっていながら従う人物。おそらくリーダーは純粋で……悪く言えば、例えば幼く、世間慣れしていないのかもしれません。若さ故に、言って聞かせるだけでは納得できないリーダーの教育のためにも、無理とわかっていつつ要求したのではないか……。

果たして、そんなリーダーとは誰なのか。
ダルマスカレジスタンスのひとつのリーダーが、バナルガン王朝の血を引く人物だという噂も流れていましたが――。

ジェノミスの切なる願い

突然、劇場艇にフランとブワジが現れます。

要求は実現しませんでしたが、努力には報いなければならないというレンテの涙のリーダーの命令によって、オーボンヌ修道院へ案内してもらえることになったのです。

フランが示した場所に、早速飛空艇を移動させようと沸き立つラムザ達でしたが……床に伏せていたはずのアルマが現れます。
彼女は、聖天使アルテマがオティスを通じて呼んでいる……と、自分も同行すると言って聞きません。

母さんを蘇らせるには「正しき願い」が必要、だけど、その願いをどうやって伝えたらよいかはわからない。

でも、聖石を生み出す聖天使アルテマならそれを知ってる!
だったら、私を利用して!

聖石オティスを通じて聖天使アルテマは私を呼んでいる、彼女が封印されし地へ、来いと……!

死んだ者よりも生きている者のほうが大切に決まっているだろうと、ジェノミスは……少し躊躇った様子をみせた後、アルマを止めようとしたのですが――

本当の私を見て

……寂シイヨ、父サン。

私ヲ見テ……私ハ……ココニ……イルノニ……。

アルマの目は怪しく輝き、ジェノミスに助けを求めます。しかしそれは、聖石オティスを通じ、聖天使アルテマが紡いだ言葉にすぎません。

ミコトは用意していたエーテルジャマーをアルマへ向け、起動。

彼女に入り込んでいた聖天使アルテマを引き剥がすことには成功するのですが……間に合いませんでした。

虚空に開かれた歪。
そこにアルマは飲まれ――

ラムザの手は届かず、姿を消してしまいました。

主人公はミコトからエーテルジャマーを受け取り、おそらくアルマが攫われたゴルモア大密林へ急ぎます。

ジェノミス

……な……なんということだ。アルマが……アルマが……アルテマにさらわれてしまった? おお……おお……私はなんと愚かな男なのだ……。

リナ

い、今のはいったい……? アルマちゃんは……アルマちゃんはどこへ??
ふ、ふ、震えが……止まりません……。

ミコト

まさかアルテマ自らが魔力を行使するなんて……想定外でした。ですが、聖石オティスを触媒としてゲートを開いたということは、この魔道具が役に立つはずです……!
この魔道具はムーンブリダ先輩が残した設計図……エーテルエクストラクターの原理を利用して作った妨害装置です。特定のエーテル波長に対して反対の位相をぶつけることで……。
こ、細かい原理はともかく、このエーテルジャマーはオティスに波長を合わせてあります。
アルテマがオティスを利用している限り有効なはず……! これを持って、早くオーボンヌ修道院へ! アルマさんを……アルマさんを助け出してくださいッ!!

モンブラン

たいへんだクポ~~ッ! たいへんだクポ~~ッ!
アルマたんが……未来のモグの嫁が連れ去られたクポ~~ッ!
助けに行くクポ! 絶対に助け出すクポッ!!

ハーディ

怖いクポ~~ッ! 怖いクポ~~ッ!
とてつもなく禍々しく強力なエーテルを感じたクポ!
ゲートの向こう側から溢れるエーテルは邪悪な感じクポ~ッ!

ブワジ

……やはり聖石なんかに手を出すべきじゃネェンだ!
バッガモナン兄貴がああなっチマったのも、すべて聖石のせい。
なんとかしネェとな……あの聖石をヨォ……。

フラン

あれが……聖石の力……?
いや、穴の向こうから感じたあのおぞましいエーテルは……あれこそが……災いの元凶たる殺戮の天使だというのか……。

かわいらしい劇団員

……み、み、み、み、見ました……よね? ひ……人が……アルマちゃんが……吸い込まれましたよ? ど……どういうこと…なんです? ええー?

楽器を抱えた劇団員

あ……あわよくばゴルモア大密林のヴィエラ族の集落で、新たな調べをこの耳で聴ける……なんて目論んでましたが……そ……そんな状況じゃないですね……。

ハンサムな劇団員

な、な、何ですか!? 今のは?? アルマちゃんはどこへ……どこへ行ったっていうんです?? え……ええ?? な、何を……目撃しちゃったんだ……?
え? 怯えなくていい?
……い、嫌だなぁ……怯えてなんていませんよ……。
し、失敬ですな……。

マッチョな劇団員

き、筋肉を超えた……いや、人知を超えた摩訶不思議さ……! これが魔法……? マ、マッチョすぎるでしょぉ!!
や、やばい、やばすぎる! 筋肉の震えが止まらなぁぁぁい!!

ガレアン族と思われる劇団員

い……今のも「聖石」の……「聖石」に秘められた力だと……いうのか……?
恐ろしい……実に恐ろしい……。

踊り手らしき劇団員

アルマちゃんが……アルマちゃんが……!? まるで何かが憑依したかのようでしたが……あれは、いったい……?

妖艶な劇団員

アレが……話に聞いていた「聖石」がもたらす「災い」ね?
何者かが聖石オティスを中継してアルマちゃんを転移させた……。それはいったい何のためなの……?
ううん、いいの……。一刻も早くゴルモア大密林へ……オーボンヌ修道院へ行かないと……ね。

異邦の劇作家

……今のは強制転送魔法?
聖石を媒介にしたとはいえ、こんな離れた地にゲートを生成するとは恐るべき魔力……。

攫われたラムザ

ゴルモア大密林に到着。
そこでは、アルマが聖石オティスに囚われていました。

再び転移しようとするオティス。
助けを求めて伸ばされた手を、今度こそラムザが掴みます。

彼はミコトから預かっていたエーテルジャマーを起動し……

オティスは砕かれ、転移魔法を防ぐことに成功したのです。

しかし……

禍々しい声が響き。

突如ラムザの後方に開かれた転移魔法で、今度は彼が攫われてしまいます。

あまりに一瞬の出来事に茫然自失の一行。
ひとまず、飛空艇へ戻ることに。

その時。

主人公は、ひとりの男の幻影をみます。

覚悟はあるか……? 禍々しき者を倒すその力を持っているか……?

主人公に問いかけると、幻影は消え去ってしまいました。

リナ

まさか、今度はラムザくんが囚われるなんて……。せっかくアルマちゃんを救出したというのに……。

ミコト

そんな……エーテルジャマーが役に立たなかっただなんて!
なんという……なんという……失敗を……。

モンブラン

モグがいながら、みすみすラムザを連れ去られたクポ……!
悔しいクポ……情けないクポ……恥だクポ……! クポポポポ…………。

ハーディ

兄ちゃん、クポクポ呟いてる場合じゃないクポ!
モンブラン兄ちゃんが落ち込んでいたら、いったい誰がダルマスカの平和を守るんだクポ!!

ブワジ

ナァ、なんとかなるヨナ?
バッガモナン兄貴の二の舞になんてさせやしないゼ! ナァ、そうだロ?

フラン

……どうやらアルテマはあの修道院から外へ出られないようだな。
何故、出ることができないのか不明だが、出るための術を探しているということか?
もしや聖石は……。

かわいらしい劇団員

アルマちゃん、無事でよかったわ。
ええっ!? ラムザくんが敵に捕まった!??
そんな……ラムザくん、大丈夫……よね?

楽器を抱えた劇団員

……実は自分、いわゆるストリートチルドレンってヤツでして、いつも帝都のマンホール下の下水道で仲間と暮らしていたんです。……ふふ、どの国でも貧富の差ってやつはあるもんですよ。
ある日、治安維持を名目に下水道が立ち入り禁止になりましてね。住処を奪われた私たちは逃げるしかなかったんですが、当局の政策に対して反対の声を上げる大人もいましてね……。身寄りのない子供たちを引き取ろうとする動きが始まったわけです。
いうなれば福祉政策ってやつですか。
私を引き取ってくれたのがジェノミスさん夫婦でした。最初は劇団で下働きのような仕事をしていたんですが、帝国民ならば最低限の学問を身につけよと学校へ入学させてくれ、さらに音楽の才を磨けと専門校へと進学させてくれたんです。
……ラムザくんは弟のような存在でしてね、幼い頃から兄弟同然の生活をしてきましたよ……。
お願いです、ラムザくんをどうか無事に救い出してください……。

ハンサムな劇団員

ご無事で何より……アルマちゃんも無事に連れ戻したようで……。
え!? 今度はラムザくんが??
そ……それは剣呑……剣呑。

マッチョな劇団員

なんと、ラムザくんが入れ替わりに囚われるとは! なんというマッチョな出来事!
自分の非力さが情けない……こんなに筋肉は素晴らしいのに!

ガレアン族と思われる劇団員

なんと、そんなことが……!
……聖石のような忌まわしい遺物を管理せねば……!
その重責を担うのは……やはり…………!

踊り手らしき劇団員

ああ、よかった。アルマちゃんは無事だったんですね!
え?? ラムザさんが身代わりになった??
それはいったいどういうことです??

演出助手っぽい劇団員

そうですかぁ、ラムザくんが代わりに……。
クガネへ来た当初、常にイライラビリビリしていて、いつもの優しい彼じゃないなぁなんて思っていたんです……。
最近は、まるで憑きものが落ちたように元の彼に戻ってたようで。
それはモンブランくんやあーたのおかげだと思うンですけど、何よりも都落ちした自分に対する怒りが収まったのかなぁと。
師匠に付き従いクガネへやってきた我々ですけどね……長年身に染みついた「帝国市民」という誇りを捨て去るのは、理屈ではわかっていても、なかなかできないもンなんスよ。
ましてラムザくんはまだ若いですからね、理屈と感情を切り離さなければと思いつつも苛立ちを隠せない。ま、それこそが若者ってぇもンなんスけどね。
どうか、このとおりです……。ラムザくんを……ラムザくんをお助けくださいまし……。
ぼかぁ、やっぱりこの劇団という家族を愛してるンだなぁ……。

妖艶な劇団員

なんですって、今度はラムザが囚われたですって!?
お願い! 彼を無事に連れ戻すと約束して!
貴女にならできるわ……必ず成し遂げられる!!

異邦の劇作家

……憑代? いったい何のことだろう?
ああ、もちろん「憑代」という言葉自体なら知っているよ。姿なき神や精霊が実体化するのに必要な、いわば代わりの身体だ。
その聖天使アルテマとやらが言ったのであれば、さしずめ悪魔の身代わりといったところかな……。
ん? ……つまり、アルテマは実体がない??
今まではその憑代がなかったがために実体化できなかった……だが、ラムザが憑代になったのであれば実体化できる……?
う~ん、わからないことだらけだね……。

登場NPC

NPC | ラムザ・レクセンテールNPC | ジェノミス・レクセンテールNPC | リナ・ミュリラーNPC | ミコト・ジンバNPC | モーグリ族NPC | ブワジNPC | ハンコック・フィッツジェラルドFF14のNPC タタル・タルNPC | タタル・タル(3.X~4.X)FF14のNPC 霧隠のユウギリNPC | 霧隠のユウギリNPC | フラン・エルトNPC | アルマ・レクセンテール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。