2020/10/20 メインクエスト4.0-紅蓮【12.豪神スサノオ】を更新しました。

STORY | 2.メインクエスト4.0-紅蓮【08.クガネで待ち受ける者】

エオスト – Story of Eorzea – では、FF14クエストのストーリーあらすじをまとめています。
当ページでは、以下クエストのストーリーについて、あらすじを書きました。
  • クガネで待ち受ける者
  • 黄金を生む港街
  • ウルダハ商館へようこそ
  • ふたりの足取り
  • ギョドウ現る!
  • 吐けよナマズ
  • 再会と旅立ち

あらすじの要約

無事クガネに到着した一行は、東アルデナード商会のウルダハ支店から招待を受けた。きけば、ゴウセツとユウギリは彼等の船で東方入りしたものの、現在クガネと大陸を隔てる紅玉海は帝国の影響で治安が悪化しているために渡し船がなく、大陸に渡る方法を捜しているらしい。暁は、ゴウセツとユウギリの行方を捜しつつ、自分達もドマへ渡る手段を捜すことになった。
その最中、二人をドマへ渡したというナマズオ族のギョドウと出会う。主人公達も渡しを頼んだのだが、それは罠であった。密告され、帝国軍やクガネの治安維持部隊「赤誠組」に負われつつも、コウジン族のソロバンの助けも得て難を逃れる。
捕縛したギョドウに話を聞くと、ゴウセツも同様に騙され、赤誠組に捕まっていた……のだが、赤誠組と懇意になった彼は自力で解放される。主人公達と現状を説明しあい、暁はドマ解放運動の支援を決定。彼等の主であるというヒエンを探すため、先にドマへと渡ったユウギリの後を追い、主人公達もソロバンの船で紅玉海を渡る。

ストーリーのあらすじ

「クガネで待ち受ける者」

カルヴァラン:

ようやくの到着ですね。ここがクガネ……鎖国中の「ひんがしの国」において、唯一異国の船に開かれた港街です。途中、想定外の妨害者が現れましたが、貴方のおかげで、「ミゼリー号」は沈むことはなかった。こうして、無事に到着できたことを感謝しますよ。

ひとまず、目的地に到着できたことは喜ばしいですが、船長としては、復路についても考えねばなりません。

百鬼夜行の甲板員:

ローレライの一件じゃ、世話になったな。お前の武勇伝は、船乗りたちの間で語り継がれることだろう。

アルフィノ:

ふぅ……やはり、揺れない床というのはいいものだね。久方ぶりに上陸して、その有難味がよくわかったよ。

タタル:

あまりに長いこと、船に揺られていたので、なんだか今でも、ゆらゆら揺れているような気がしまっす。

リセ:

港街って言うから、リムサ・ロミンサみたいなところを想像してたけど、ぜんぜん違って、びっくりだよ。

アリゼー:

それにしても、すごい街並みね。色が溢れ出して、洪水を起こしているみたい。

長く鎖国を続けるひんがしの国で唯一開かれた港――クガネへと到着しました。
ここまで送り届けてくれたカルヴァランに礼を言い、別れます。

さて、ここからドマへは「紅玉海」を渡らねばなりません。一足先にクガネへ到着しているであろうユウギリとゴウセツの行方も気になります。どうしようかと悩んでいると……。

何やら怪しげな男に声をかけられました。
彼の名はハンコック。東アルデナード商会、東方支店の番頭であり、ロロリトの名代として、一行を商館に招待するといいます。

なにかと因縁の深いロロリトの名前が出たことに少し身構えるアルフィノ。

触れられたくない話題に遠慮なく触れてくるハンコックの態度に、アルフィノはいささかムッとしますが、アリゼーにたしなめられ、彼の招待に従うことになりました。
なによりここはクガネ。異国の商館が立ち並び……その中には、ガレマール帝国の大使館もあります。華やかな見た目とは裏腹に政治と諜報の最前線であり、往来で立ち話など危険極まりないのです。

アルフィノ:

……すまない、東アルデナード商会とは、浅からぬ因縁があるだけに、少し冷静さを欠いてしまった。でも、大丈夫……もう大丈夫だ。

アリゼー:

クリスタルブレイブを巡る騒動は、アルフィノにとって、よほど堪えたみたいね。

タタル:

ハンコックさん……油断ならない人みたいでっす……。

リセ:

この一見すると平和に見える酒場にも、帝国人の間諜が潜んでいるかもしれないってことか……。

「黄金を生む港街」

転魂塔広場(エーテライトプラザ)

東方地域に古くから存在する、「鬼師衆」という職人集団によって作られたエーテライト。エオルゼアにあるシャーレアン人が作ったものとは意匠が異なっています。

小金通り

「クガネ」とは、黄金のことを指しています。その名の通り黄金を生む港町において、小金を生む商店街がここ、小金通りです。異国との商業が盛んなため、ギルも利用可能です。暁の金庫番として、商業が盛んなクガネを早くもタタルは気に入ったようです。

異人街

異国から来た者達が集う区画で、ガレマール帝国の大使館もあります。但し、クガネで刃傷沙汰はご法度。もし治安を司る「赤誠組(せきせいぐみ)」の侍に見とがめられれば、問答無用で斬り捨てられかねません。故に往来で帝国軍に因縁をつけられる可能性は少ないでしょう。

ハンコック:

バッサリいかれる……冗談……だといいのデスが……この国の侍には、我々の常識は通用しません。酒に酔った勢いで、この国の貴人に喧嘩をふっかけた異国人が、刀の一撃で、文字通り「両断」されたこともあるのデス。

出会ってそうそう、みなさんがテレジ・アデレジさんのように、真っ二つになってしまわれるのは、見たくはありません。くれぐれもご注意くださいネ?

ガレマール帝国大使館

東方の気候にあうよう、ドマの民に作らせた服に身を包んだ帝国軍。一行が大使館前にいても咎められることはありませんでした。もっとも、赤誠隊の目が届かない場所では気をつける必要がありそうです。

「ウルダハ商館へようこそ」

東アルデナード商会の東方支店、ウルダハ商館へと到着しました。

魔法的防諜処置が施されているという応接室に通されます。戦勝祝賀会の一件で迷惑をかけたお詫びということで、ロロリトがここを自由に使って良いと便宜を図ってくれたのです。

アルフィノは、ユウギリとゴウセツの行方を知らないかと質問。ハンコックによれば、そもそもユウギリとゴウセツは、彼等の商船でクガネまで来たのだといいます。

しかし、クガネとドマを隔てる「紅玉海」を渡る手段の確保に難航。というのも、紅玉海では今問題が起こっているのです。

古くからこの海は、「海賊衆」という操船術に長けた独立勢力が権勢を誇っており、帆別銭……いわゆる通行料を徴収する見返りに海の治安を守っていました。
25年前、ドマがガレマール帝国に占領されてからも、帝国が海の支配に関心がなかったたため、海賊衆は放置されてきました。しかし最近就任したドマの代理総督が突如として方針を転換。海賊衆と敵対し始めた上に、彼等と取引する者はすべて帝国の敵であると宣言したのです。
圧力に屈したひんがしの国は、帆別銭の支払いを停止。海賊衆による治安維持機能は瓦解してしまいます。ただでさえ帝国に支配されているドマには近寄り難い状況の中、海の治安が悪化したことで、ほとんどの渡し船は運行を停止。紅玉海を渡る手段が無くなってしまいました。

しかし、ユウギリとゴウセツは必ずドマに渡ろうとしているはず……というわけで、当面は主人公達もドマへ渡る手段を探しつつ、二人の足取りを追うことに決まりました。

タタルは必要物資の買い出しを。
アルフィノの書いたふたりの似顔絵をもとに、アルフィノとアリゼーが街の南側、主人公とリセが北側をまわります。

ハンコック:

ウルダハの名産品に加えて、ワタシがクガネで買いそろえた、東方の逸品や珍品の数々も展示しているのデ~ス! 思う存分、鑑賞してくださいネ?

タタル:

いかにも、ウルダハ人らしい趣味の部屋でっす。その昔、私が働いていた宝石商の応接室に、どことなく似ているのでっす。

アリゼー:

言われてみれば、確かに魔法の作用を感じるわ。微かな痕跡しか残していないのだから、この結界を張った人物は、かなり腕の立つ使い手なんでしょうね。

リセ:

ひんがしの国で、エオルゼア風の建物に招待されるなんて、ちょっと変な気分だと思わない?

「ふたりの足取り」

望海楼

海を望む温泉宿、望海楼。二人が宿泊した可能性もありますが、番頭によれば、身も心もくつろげる場所でありたいと、宿泊客に関する情報を話さないのが開業以来の決まりなのだとか。何も情報を得ることは出来ませんでした。

潮風亭

異国船向けの波止場に面し、クガネ最大の酒場でもある潮風亭。

主人であるコトカゼに話を聞くと、聞かれたことには答えるが、逆に主人公達を探す者の質問にも答えるといいます。小さな島国であるひんがしの国は、どこにも肩入れをせず、中立を保つことで和を保っているのです。
主人公は条件を受け入れて話を聞くと、たしかに似顔絵の二人組が現れ、紅玉海を渡る手段を聞いてきたといいます。その際、コトカゼは複数、紅玉海を渡らせてくれそうな船主の心当たりを教えたそうで、主人公達も聞くことができました。

船主達に話を聞きに行くと、ゴウセツが一人で渡し船を探していたらしきことが伺えます。そしてやはり、紅玉海を渡してくれる船主はいませんでした。

「ギョドウ現る!」

有力な情報……?

コトカゼに話を聞いていた最後の船主に会うため、潮風亭の上階へと向かいます。そこにいたのは……

まるでナマズのような面構えの獣人、ナマズオ族のギョドウでした。
似顔絵をみたギョドウは、確かにこの“二人”のために船を出したと回答。主人公達もまたドマへ渡りたいと言うと、目立たないよう真夜中に船を出してくれることを約束しました。

主人公とリセは、準備とアルフィノ達に相談するため、いったんウルダハ商館へと戻ります。

ギョドウからの情報を話しますが、ハンコックはなにやら気になる様子。というのも、ギョドウは方々で借金を抱えている小悪党として知られているのです。加えて、おそらくゴウセツ一人で渡し船を探していたらしき中、“二人”を渡したという言葉も気になります。

ドマの新任代理総督は、反乱分子狩りに密告を活用しているといいます。考えすぎかもしれませんが、カネに困ったギョドウの罠である可能性も否定できません。

とはいえ、得られた有力な情報はこれだけです。
正直に船を出してくれたら問題なし。罠ならギョドウを捕まえて本当のことを聞けば良い……ということで、荒事を覚悟で待ち合わせ場所である黄昏橋へ向かうことになりました。

しかし、ハンコックによれば、先日も街中で乱闘騒ぎがあり、異国人が捕縛されたのだといいます。なるべくお縄は避けたいところです。

リセ:

ギョドウって、商人の間では有名な小悪党みたいだけど、心を入れ替えて、正直者になっていてくれないかな? それだったら、楽にいくのに……。

アルフィノ:

私は、伏兵役として隠れておく。君とリセ、アリゼーの三人は、ギョドウとの待ち合わせ場所に向かってくれ。

タタル:

こんなこともあろうかと、アリゼーさんに特製の秘密兵器を渡しておきまっした! いざというときには、受け取って利用してくだっさい!

ハンコック:

赤誠組の侍は、異国人だろうと容赦しません。逮捕されたら、役人に袖の下を突っ込まなければならず、余計な経費がかかってしまうのデス!

真夜中の逃亡劇

黄昏橋でギョドウと合流します。
ついていくと……

悪い予感は的中。ギョドウの密告により、帝国軍が待ち伏せていました。

リセは「話は後で聞かせてもらう」と言うと……

ギョドウに一撃。
気絶した彼を肩に担いだまま帝国軍と交戦し、強行突破に成功します。

しかし、騒ぎをききつけた赤誠組がやってきました。もし見つかれば逮捕は免れません。
タタルから受け取った秘密兵器の煙玉を活用しながら商館近くまで戻りますが、そこには沢山の赤誠組が張っていました。とても彼等の目を欺くことはできそうにありません。万事休すか……と思った時、甲羅をもち、まるで亀のような獣人のコウジン族に声をかけられます。

彼の案内に従い、隠れていると……

主人公達をかばってくれたのです。
そのまま彼の知る裏道を通り、無事商館へ戻ることが出来ました。

コウジン族のソロバンは、以前東アルデナード商会の番頭が暁を出迎えている様子を見て、なんとか顔繋ぎしてもらえないかと主人公達を助けたのです。

紅甲羅のコウジン族が帝国の傭兵になった結果、碧甲羅のコウジン族までクガネの商人から恐れられるようになってしまい、クガネとの商売が難しくなってしまいました。そのため彼は、異国の商人と取引したいと考えたのでした。

ハンコックはこれを快諾します。喜んだソロバンは、主人公たちのためにドマへ行くための船も出してくれることになりました。

アルフィノ;

やれやれ、どうにか戻ってこれたね。ソロバンがいてくれて助かったよ。

リセ:

おつかれさま。騙されたのは、気分悪いけど、先回りして対策できたのは、よかったと思わない? まぁ、真夜中の追いかけっこなんて、当分やりたくはないけどね……。

ソロバン:

コウジン族は海の民だからねぇ~、海産物を集めて売っては、人が作る品を買い求めるのさぁ~。東アルデナード商会と取引できれば、大助かりだよぉ~。

ハンコック:

新規顧客まで連れ帰ってきてくれるなんて、ワタシ、感激デ~ス!

「吐けよナマズ」

ゴウセツの行方

気を失っていたギョドウが目を覚ましていました。

彼はゴウセツに渡し船を頼まれ、同様に帝国人に“紹介”したのだとか。
なんでも帝国は、最近の紅玉海の混乱によって漁が出来ず困っていたギョドウのもとに現れ、クガネでドマの民を見つけたら金をやると密告を推奨したのだそうです。

ゴウセツは帝国と大立ち回りを繰り広げた後、赤誠隊に連れ去られてしまったのだといいます。ハンコックが言っていた、先日乱闘騒ぎで捕まった異人というのはゴウセツのことだったのです。

治安維持部隊である赤誠隊に捕まってしまったのであれば、連れ戻す手段はあるのだろうか……しかしハンコックによれば、”袖の下を温めれば“……つまり賄賂を送れば厳重注意で釈放となるだろうといいます。

そのウルダハ的な解決方法について、アルフィノはあまり好ましくおもわなかったようですが……背に腹は代えられません。
手続きをハンコックに依頼し、主人公とリセ、アリゼーはともに赤誠隊本部へと向かいます。

ギョドウ:

ぺぺぺ……蹴られた腹がムチュムチュするっぺよ……。姐御たちには、一生、刃向かわないと、オオナマズに誓って約束するっぺな!

アルフィノ:

この際だから、しっかりと利用させてもらうさ……。ギョドウの見張りは任せてくれ。いい機会だから、引き出せるだけの情報は聞いてみるさ。

リセ:

もう二度と、ギョドウのことは担ぎたくないよ。だって、すんごい生臭いんだもん……。ま、何はともあれ、ゴウセツの情報は手に入ったわけだし、街中を駆け回った甲斐はあったってことね。

タタル:

賄賂の費用を後で請求されないように、油断禁物でっす……。

ソロバンさんの姿にも驚きましたが、ギョドウさんには、もっとびっくりしまっした。さすがは、ひんがしの国……神秘的でっす。

ソロバン:

東アルデナード商会と商売すれば、「えおるぜあ」のお宝も買えちゃうのかなぁ~! ワクワクしてきたぞぉ~!

再会

赤誠隊屯所に到着。ハンコックを待っていると……

奥から聞き覚えのある声が響き渡ります。
リセのあとを追い、中に入ると……

ゴウセツが赤誠隊と稽古試合中でした。

なぜここにいるのかと驚くゴウセツと、何をしているのかと驚く主人公達。
説明を求めると……ゴウセツは赤誠組に逮捕された後、彼等と意気投合し、稽古試合で10本先取すれば釈放という約束で試合をしていたというのです。

約束通り10本先取したゴウセツは釈放。もともとドマの侍大将として有名であったゴウセツは、ここクガネの侍達にも知られる存在であったが故に、大事に至らず一件落着となったのでした。

ハンコック:

…………お役人への袖の下は、今後の先行投資と考えればいいのでしょうかネ?

リセ:

何はともあれ、一件落着ってことでいいのかな?

アリゼー:

まったく人騒がせなんだから……。

「再会と旅立ち」

終わってみれば何事もなく釈放されたゴウセツ。
ともあれ、無事合流出来たことを喜びあい、一行は商館へと向かいました。

そこにいたギョドウの姿をみて、三枚おろしにするといきり立つゴウセツに……ギョドウは必死の謝罪で事なきを得ます。
その後、ゴウセツに東方入りした後の足取りについて聞きました。

「主君のもとへ」と東方に向かったゴウセツとユウギリですが、そもそも彼等の主君――ドマ国主一族、リジン家の一人息子ヒエンは現在行方不明となっています。

最近ドマで起こった反乱はヒエンの父、カイエンを中心として起こりました。しかし、ゼノスの登場により鎮圧、この戦いでカイエンは命を落としてしまいました。ゴウセツは息子ヒエンを守りつつ、最後まで共に戦い続けたものの、激戦の渦中ではぐれてしまいます。

そんなヒエンの行方を追うため、クガネ到着後は方々まわったという二人ですが……帝国の目も厳しく、そもそもドマにわたる手段すらない中、二手に分かれることを決定。忍びとして、一人ならば海を渡る術をもつユウギリを先に向かわせ、ゴウセツはクガネで情報を集めつつ、ドマに渡る手段を探していたのです。

アルフィノは、東方での反帝国運動の盛り上がりがアラミゴにおける戦いの一助になるため、暁として協力を提案し、ゴウセツは喜んでこれを了承。紅玉海を超え、ユウギリとの合流地点であるヤンサ地方の拠点に向かうこととなりました。

主人公と共にドマへ向かう気であったアルフィノでしたが……

アリゼーにたしなめられ、タタルと共にクガネにて情報戦に従事することに。主人公とアリゼー、リセ、ゴウセツは、ソロバンの出す渡し船に乗り、まずは紅玉海の玄関口「紅玉台地」へと出港します。

アリゼー:

実際問題、アルフィノは戦いよりも、細かい仕事の方が向いてるのよ。あなたも、そう思うでしょ?

リセ:

今度は、ミゼリー号と違って、えらく小さい船だね。ちょっと心許ないけど……大丈夫だよね?

ゴウセツ:

ユウギリは海を渡る術を会得しておるゆえ、ひとり先行して、大陸へ向かってもらったのだ。それにしても、コウジン族の船頭とは心強い!

登場NPC

NPC | アルフィノ・ルヴェユール(4.X)NPC | アリゼー・ルヴェユール(4.X)NPC | リセ・ヘクストFF14のNPC タタル・タルNPC | タタル・タル(3.X~4.X)NPC | カルヴァラン・ド・ゴルガニュNPC | ハンコック・フィッツジェラルドNPC | ナマズオ族NPC | コウジン族NPC | ゴウセツ・ダイトウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。